カテゴリー「ラーメン」の341件の記事

2014/05/05

カスタマーズダイニング・アマン(ゆうちゃんラーメン)

P1000968P1000966最近は,たまに買い物がてらに「カスタマーズダイニング・アマン」でランチを食べるようになりました。便利で値段もお手頃ですね。この日は月に1回のラーメンのメニューです。

年輩の客層にもかかわらず,塩辛い富山ブラック系のラーメンが出てきました。チャーシューメンをチョイスしたところ,とろとろのチャーシューが4枚入っていました。麺は,やわらかめのストレート麺で,スープが良く染み込んでいます。メンマも塩辛く,つけ合わせの浅漬けまでそのままでは食べられない塩辛さです。

自分は富山ブラック系のラーメンはうんざりで,これを好む人がいると聞くと不思議な感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/29

カスタマーズダイニング・アマン(バンドス)

P1000956富山市稲荷元町のアピアショッピングセンター2階にある「カスタマーズダイニング・アマン」でラーメンを食べました。日替わりで店主が交替する店で,この日は「バンドス(カレー&皿うどん)」の番です。前回,長崎ちゃんぽん(10食限定,850円)を食べられなかったので,今度はこれを注文しました。

客層としては場所柄か中高齢の客が大半ですが,なぜかボリュームメニューが多い店で,このちゃんぽんもかなりの量です。スープはあっさり味で,麺はやわらかめです。海老,イカなどに,新鮮な海鮮の味はあまり感じません。

美味を目当てに遠くから食べに来る品ではないと思いますが,ガッツリ昼食をとりたいときには良いかもしれません。

P1010965これは別の日の「バンドス」とは別の店のランチです。「本場韓国家庭料理」とのこと(これも850円)。「本場」の「家庭料理」とは何?という感じです。メインは「チャプチェ」で,チヂミ,キウイヨーグルト,ポテトサラダ,ワカメスープなど付いています。もっと肉分が欲しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/21

元喜家 富山店

Photo富山市四ツ葉町にある「元喜家 富山店」でラーメンを食べました。この日は昼に「ときや」で天ざる(上),夜はこのラーメンと麺三昧でした。夜については別の店に入るつもりだったのですが,2店にふられてこの店に落ち着きました。

写真は,ラーメン並(680円)にトッピングのほうれん草(100円)とメンマ(50円)です。この日のスープはしゃばしゃばで薄く,かなり不満が残る品でした。

料理人の方は,奥で夕食のラーメンを食べる合間に調理をこなしておられました。仕事熱心ですが,目の前で手を洗わずにほうれん草やメンマを手づかみされると,どうかなという感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/18

ちゃるめら ぐっぴー

P1000921P1000922富山市上飯野にある「ちゃるめら ぐっぴー」に行きました。この日食べたのは,「塩ラーメン」(700円)と「チキンライス」(300円)です。

チキンライスは,ケチャップライスではなく,炒めた鶏肉やネギ油などをご飯にのせたサイドメニューです。美味しいのですが,少しニンニク臭いので,昼に食べるのには注意が必要かもしれません(それだったらラーメン店に行くな,ということかもしれませんが)。

P1040925こちらは「スパイシー」(780円)です。ひさしぶりに食べたら思いのほか辛く感じました。辛さと香ばしさ。麺は紛れもなくラーメンですが,スープと具は,「カレーラーメン」とも少し違う不思議な麺料理です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/17

ばたやん

P1010907P1010909富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べました。この日は仕事後に語学教室に出席したため,店に入ったのは午後9時ころです。ひところに比べ客が少ないですね。

注文したのは「こってり濃厚味噌ラーメン」(800円)です。麺はごわごわの太麺で,スープは豚骨ベースに味噌だれを合わせた飲みやすい味です。スープにあまり特徴がなく,トッピングが貧相であるため,800円は少し割高に感じますが,麺は食べごたえがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/04/15

一鶴

P1000903富山市中島にある「一鶴」でラーメンを食べました。店に行った後にラーメンサイトを見て分かったのですが,開店3周年記念企画で「のどぐろ煮干し」を使用したスープを提供していたようです。

このときは「のどぐろ煮干しラーメン」(830円)を食べました。のどぐろは濃い脂分の味に定評のある魚ですが,この日のスープはコクがあって格別の美味さでした。煮干しの元になる魚が変わることでこんなにスープの味が変わるものかと驚かされました。期間限定の企画だと思いますが,良い経験になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/10

DOG HOUSE

P1000893P1000894富山市高屋敷にある「DOD HOUSE」でラーメンを食べました。この日は,平日限定の「けんじろう」(850円)を注文しました。もっとも,実際には土日祝の夜にも数量限定で提供されるみたいです。また,火曜日の夜はメニューが「けんじろう」のみになるようです。

野菜を増量しなかったので山は小さめです。ただ,固ゆでの極太麺300gは,初老の身にはかなりの負担でした。自分にとっては,これは食べ物というより話のネタですね。普通のラーメンやつけ麺の方が,スープ,チャーシュー共にずっと旨いと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/04/05

ちゃるめら ぐっぴー

P1000875 富山市上飯野にある「ちゃるめら ぐっぴー」でラーメンを食べました。消費税が8%にアップしましたが,メニューの値段は元のままでした。この日注文したのは「もやしそば」(800円)です。

もやしとそぼろ肉の炒め物は,香ばしくしっかりと味付けされており,スープにひたして良し,そのまま食べても良しです。また,しっとりした食感のジューシーなチャーシューは私の好みです。ボリューム感もあり,満足度の高いラーメンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2014/04/04

ワンフー グリーンモール山室店

P1000873P1000871_2 「富山のラーメン2014-15」(税抜850円)を購入しました。今年のラーメン本の特徴は,いくつかの店の半額クーポンが 掲載されていることです。これまでは,この手のクーポン券を使うのは何かはしたない感じがして無視していたのですが,消費税アップの折から,節約のため自分も使ってみました。

ということで食べたのが,「ワンフー グリーンモール山室店」の「濃厚煮干ラーメン」(750円→370円)です。こってりしたスープで,煮干の風味はさほど強くなく,煮干が苦手の自分でも無理なく食べられました。麺は細めのストレート麺で,ツルツル硬い食感です。チャーシューはやわらかく,半熟の煮玉子など入っています。

煮干も悪くないなと思わせるラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/29

ばたやん

P1020854富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べました。注文したのは「黒マー油らーめん」(680円)です。普通のラーメン(600円)に黒マー油と背脂の追加です。

黒マー油の量はそれほどではないのですが、背脂はたっぷり追加です。黒マー油好きの自分としてはやや不満ですが、この日の背脂は臭みがなく、自然なこってり感が出ていました。最近の禁酒により胃の調子が少し戻っているためか、思いのほか美味しく食べられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶藝庭

P1000858富山市二口町にある「茶藝庭」でラーメンを食べました。リーズナブルな価格の中華料理店です。この日は「フカヒレラーメン」(1480円)を注文しました。

フカヒレ入りあんかけがのったラーメンです。中華料理店で良く見かけるスープなどに入っているフカヒレは極細であまり食感を楽しめませんが、このあんかけの中のフカヒレは、コリコリした食感のしっかりした品でした。フカヒレ以外に特徴はありませんが、食材の多様性は中華料理店のラーメンならではですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

吉平

P1000855P1000856富山市悪王寺にある「吉平」でラーメンを食べました。この店に入るのは、かなりひさしぶりです。普通の醤油ラーメン(700円)の味も忘れてしまいましたが、今回は「醤油新味」(800円)を注文しました。

普通のラーメンは細めの麺だったと思いますが、新味の方はしっかりした食感の中太のストレート麺です。 スープは、かつおオイル入りの和の風味です。ただ、「つづみ」の和風などに比べるとかつお風味は弱く、ちょっと中途半端な味です。また、相当な塩辛さで、かなり残しました。

香ばしくあぶったチャーシューはそれなりの美味さですが、それ以外はどんなものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/28

DOG HOUSE

P1010846富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。ランチにパスタを食べようと外に出たのですが、目的の店にふられ、つけ麺に目標を変えました。

定番のつけ麺(780円)に特入り(150円、チャーシュー2枚など増量)です。最近は新店開発の意欲が低下し、自分で美味いと思うラーメンをリピートすることが多くなっています。なぜか「ラーメン好き」には新店巡りに熱心な人が多いのですが、ラーメンも食べ物の一種(当たり前ですが)と考えると、リスクを冒して一食を無駄にするよりも、美味しい店をリピートする方が正解なのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/22

岩本屋

P1000822富山市二口町にある「岩本屋」でラーメンを食べました。注文したのは期間限定の「煮干白湯」(800円)ラーメンです。

スープは煮干味が濃く,おまけにとても塩辛い味でした。ラーメンとしてどうのこうのという以前に食べ物として塩辛すぎます。麺は,ちょっともちもちした食感の極細麺でした。トッピングは,薄切りのチャーシュー,玉ねぎなどです。

企画モノなので極端な味付けにしたのかもしれませんが,少し残念なラーメンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/21

Annie(アニー)

P1000817_2 P1000819_3 P1000820 P1000821_2

高岡市古城塚にある「Annie(アニー)」でラーメンを食べました。「つけそば」(温かいつけ汁のもりそば)の店ですが,ラーメンもやっています。今回は「つけ麺」(850円)を注文しました。

麺は,縮れの強い極太麺で,歯ごたえがあります。つけ汁は,和風ダシに豆乳のコクが加わり,動物系のスープとはひと味違います。塩辛かったのですが,ほぼ飲み干しました。汁の中には,チャーシュー,シャキシャキのもやしなど入っています。

個性的で美味しいつけ麺でした。ベースのだし味が変わることによって,形は同じでも,別の麺料理になるのが面白いところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/18

らーめん世界 呉羽店

P1000797らーめん世界 呉羽店」でチャーハンを食べました。メインのラーメンはお世辞にも美味いとは言えません。ただ,チャーハン(「やきめし」540円)は普通のラーメン店より美味いと思います。

この日は,ある事件の現場を見に行った帰り,夕方でしたが昼食を食べていなかったため,この店に入りました。注文したのは,やはりチャーハンです。ここのチャーハンは,香ばしく濃い味で,具もそこそこ入っているため,チャーハンだけで十分満足できます。

もっとも,店の外装がアレなので,駐車場に入るのがちょっと恥ずかしいですね。まあ,リンク先のHPを見ると,さもありなんと納得しますが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/13

万里

P1000690 富山市上冨居にある「万里」でラーメンを食べました。写真は,「ラーメン」(800円)に季節限定トッピング「土佐丸」(200円)の追加した品です。

「土佐丸」の説明は,店主さんのブログの3月7日の記事をご覧ください。簡単に言うと,ラーメンの上に,花かつお,海苔をのせたものです。海苔の切れ目から麺とかつおなど引っぱり出して食べるのが本道らしいのですが,自分は,このやり方だとうまく食べられません。ただ,海苔とかつおが溶け込んだスープはなかなかの味で,塩分摂り過ぎのリスクを忘れて飲み干しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/12

全家福

P1000685_2 P1000686 P1000687_2

富山市古沢にある「全家福」でランチを食べました。午後から用事があると思い,早めに料理が出てくる場所,と思ってこの店に入ったのですが,実際には何もありませんでした。

ということで,当初考えていた店ではなかったのですが,料理は値段の割に結構美味でした。注文したのは750円で麺&ご飯物のセット,選んだのは五目チャーハンと担々麺です。どちらも,単品で注文しても十分に満足できる美味さです。いわゆる「台湾料理」の店ですが,あなどりがたしですね。

P1000642P1000643P1000639ついでに,こちらは書店に行くついでに寄った「多喜屋」(富山市荒川新町)の定食セットです。メインは八宝菜で,麺類,ジューシーな鶏唐揚げ,ご飯,デザートなど付いています。

一番高額な定食セットですが,それでも980円です。なぜ,このような廉価で提供できるのか,不思議ではあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/10

ラーメン花月嵐

P1000665ラーメン花月嵐」でラーメンを食べました。 注文したのは期間限定の「油そば」(600円)です。タレは薄味です。麺は少なめで,デフォだと600円とお手頃ですが,大盛り(150円)にするとそれなりの値段になります。

最近は濃い味の汁なしそばが多いようですが, この品のようなクセのない薄味の汁なしそばを食べると,これが原点という気もします。 ただ,物足りなさは否めず,期間限定かどうかにかかわらず,二度目はないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/05

茶藝庭(ちゃげいてい)

P1000655 P1000657 P1000660

富山市二口町にある「茶藝庭」でラーメンを食べました。「台湾料理店」ですが,最近増えてきた低価格を売りにしているタイプの店ではありません。

今回は,メニューに「本店名物」とある「特製牛肉ラーメン」(1080円)を注文しました。唐辛子のマークが3つ(この店では最高)付いています。ついでに「小籠包」(580円)も頼みました。

ラーメンの方は激辛です。特に,最初の熱々状態のときは,食べられるかどうかの限界ラインの辛さでした。トッピングは,ブツ切りの牛肉とネギが大量に入っています。スープは,冷めてやっと牛肉エキスの味が少し分かりました。麺は,細いやわらかめの中華料理店の麺です。

前に食べた担々麺(唐辛子マークは1個)は旨辛だったのですが,今回のラーメンは辛い物好きの自分でもちょっとどうかと思う品で,ちょっと選択ミスだったようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/04

ちゃるめら ぐっぴー

P1040542富山市上飯野にある「ちゃるめら ぐっぴー」でラーメンを食べました。醤油ラーメンに肉もやし炒めが載っています。外形はラーメンですが,スープと麺は微妙にラーメンとは違う不思議な麺料理です。

トッピングの肉もやし炒めを作る仕草,音と香りは,中華料理店の鍋パフォーマンスです。 麺は,昔ほどではないものの,パスタに近い食感です。スープは,醤油だれベースですが,やはり普通のラーメンとは味が微妙に違います。食べるたびに新たな発見が尽きず,楽しめるラーメンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/02

スガキヤ グリーンモール山室店

P1000636富山市山室にある「スガキヤ グリーンモール山室店」でラーメンを食べました。 3月1,2日は全品が半額セールです(この日は,坦々麺,ジャージャー麺などなく,普通のラーメンのみです。)。

写真は,特製ラーメン(チャーシュー増し,玉子入り)に,サラダ,五目ご飯のセットです。定価700円がこの日は350円でした。 定価でみてもサードメニュー付で普通のラーメン1杯の値段ですので,あらためてスガキヤの安さを実感しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/03/01

はし本

__富山市中川原にある「はし本」でラーメンを食べました。今回注文したのは「中華そば淡麗」(700円)の塩にチャーシュー増し(250円で3枚増し)です。スープの色が黒いのは光の関係です。

前に飛騨牛肉入りのラーメン(1500円)のベースとして食べたことがあるのですが,単独で注文したのは初めてです。ちなみに,牛肉入りラーメンはメニューから消えていました。

「淡麗」とありますが,ある程度乳化してコクのあるスープです。前に食べたときは(牛肉入りのラーメンですが)煮干の風味が強かったのですが,今回はそれほどでなく,個人的には良い変化でした。麺は細く硬めのストレート麺です。チャーシューは,ロースか何かの歯ごたえのある肉で,直前にオーブンで焼いてあります。このチャーシューはそのまま食べても肉料理として美味で,おすすめの一品です。

ラーメンそのものも完成度が高く,これだけのために通っても良い感じですね。ボリュームのあるつけ麺が一番人気のようですが,この店のラーメンの中では,今のところ,この淡麗塩が個人的な一押しです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

末広軒 本店

___2富山市総曲輪にある「末広軒 本店」でラーメンを食べました。ワンタン麺が有名な店ですが,この日は「五目中華そば」(800円)を注文しました。

シンプルな塩味のスープに,平打ち細めの縮れ麺(細すぎて歯ごたえがありません),白菜などの具は値段の割に少なめです。「何の変哲もない」を地で行くラーメンですが,これを「昔ながらの」と肯定的に評価するか,値段の割に個性がないととらえるかは,個人の好みの問題なのでしょう。

個人的には,麺が弱すぎて麺料理を食べる楽しみが味わえないと思うので,再度の注文はないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/27

DOG HOUSE

P1000626P1000628_2 富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。いつもより遅く店に入ったところ,4分の3くらいの客が「けんじろう」(午後1時以降のメニュー)を注文していました。 午後1時45分ころには豚肩肉のチャーシューが切れて「肉増し」ができなくなった模様です(正確には,店主さんが客に「肉増しは通常のチャーシュー(脂分が多い)で良いですか。」と尋ねていた。)。自分は「煮込みそば」(780円)に,「月見」と「一口ライス」(両方とも50円プラス)を注文しました。

スープは「塩味」です。白湯スープに塩だれで,濃厚な味わいです。これに,モチモチした食感の太麺と,豚バラ肉,キャベツ,もやし,きくらげなどのトッピングが加わります。

鍋とシメのラーメン・おじやを食べた気分で,ボリューム面での満足感は高いです。ただ,普通のラーメンとは別の物を食べた感じがしますので,ラーメン好きの人が一人ラーメンするには不向きかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/24

はし本

P1000592P1000593富山市中川原にある「はし本」でラーメンを食べました。この日注文したのは「中華そば(塩)」(700円)です。

中華そば端麗の塩の透明なものとは違い,ほどよく乳化したコクのあるスープです。動物系と魚介系の味のバランスが良いと思いました。「端麗」の方は煮干しの風味が前面に出ていますが,どちらを選ぶかは好みの問題でしょう。

チャーシューは,厚さは薄めですがしっかりと味付けがされ,直前にオーブンで炙っているため香ばしい味わいです。

誰にでもお勧めできるレベルの高いラーメンではないかと思われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一鶴

P1000576富山市中島にある「一鶴」でラーメンを食べました。今回注文したのは「濃厚煮干つけ麺」(750円)です。

この日のつけ麺は,麺は硬いだけ,つけ汁はぬるめと,あまり良いところがありませんでした(チャーシューまでが硬く乾いた食感の肉でした。)。 たまたまだとは思いますが,これでは人に勧められませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/21

スガキヤ グリーンモール山室店

Photo富山市山室にある「スガキヤ グリーンモール山室店」でラーメンを食べました。口内炎がかなり回復したので,ひさしぶりのラーメンです。注文したのは「ジャージャー麺」(460円)。富山市内の店ではめずらしいメニューですね。

モチモチした太麺に,たっぷりの量の肉味噌と,もやし,きゅうりなどのトッピングがのっています。 意外に本格的な汁なし麺でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/16

スガキヤ グリーンモール山室店

P1000430 P1000538 富山市山室にある「スガキヤ グリーンモール山室店」でラーメンを食べました。富山県内に店が無くなった時期には名古屋に出張した際にわざわざ駅構内にある店に食べに行ったりしていたのですが,富山県内に店が戻ってきていつでも食べられる環境になると,食べに行く意欲が急にしぼんでしまいました。

写真は,「ラーメン」(290円)」,「坦々麺」(420円)です。また富山から撤退したら,とたんに食べたくなるのでしょうかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じゃん鬼

P1000535 P1000534 P1000536

富山市山室にある「じゃん鬼」でラーメンを食べました。飯野の方に店があったころから,ごくたまに利用してきました。豚骨スープの「白」が一番人気だと思いますが,自分にとっては,癖のある臭みが気になってきました。

ところが,今回,「白野菜」(800円)を注文したところ,クリーミーで臭みのないこってりスープで,美味しく食べられました。モチモチした食感の中太麺(実際にはかなり細め)や,味のしみ込んだチャーシューなどのトッピングも良い感じです。

替え玉(100円)も注文しました。こちらは,量が少なく,やわらかめの細麺で,自分の好みではありませんでした(硬さを指定できるのかは不明)。こってりしたスープには中太麺の方が合っていると思います。

ひさしぶりに利用してみて,ちょっとしつこい感じ(スープもそうですが,炒めた野菜の油が多い)ではありますが,これまでの印象が相当に変わりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/14

P1000522富山市本郷町にある「」でラーメンを食べました。今回注文したのは,醤油・味噌・塩などのレギュラーメニューとは別の「和風ラーメン」(700円)です。

チャーシュー2枚,太メンマなどの普通のトッピングに加えて鰹節がのっています。 スープは濃いカツオ風味がします。昔,「むてっぽう」のラーメンを食べたときに濃いカツオ味に驚きましたが,その時以来の感覚ですね。

麺を食べた後にご飯を投入しておじやにしてもいける感じで,レギュラーメニューと同じ値段でこれが食べられるのはありがたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/13

はし本

P1000519P1000520_2富山市中川原にある「はし本」でラーメンを食べました。この日注文したのは「飛騨味噌のラーメン」(850円)。国産大豆を3年間熟成された玉味噌を使用,とメニューにあります。

カウンターに座っていたら,味噌の強烈な臭いが漂ってきました。発酵させた食材を使用した料理にありがちですが,慣れない臭いにやられました。味の方は,臭いから想定されるほど風変わりではありませんでしたが,これも慣れないためか特別に美味いというわけではなく,さすがに二度目はないと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014/02/12

DOG HOUSE

P1000459富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。世間では祝日のためか,2軒くらいのラーメン店にふられた後,この店に来ました。店内には,当分の間,火曜日の夜は休みとの貼り紙がありましたが,この日は祝日のためか,店は開いていました。

注文したのは「チャーシューメン」(930円)にメンマ増し(100円)です。チャーシューは200円アップ(普通のラーメンは730円)で4枚増しです。やわらかなチャーシューで,5枚に増えると肉を食べた充実感があります。メンマはきちんと塩抜きされており,コリコリした食感が良いですね。

つけめんの方が水で締める分だけ麺の食感が良いと思いますが,ラーメンの方も安定の美味さでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/11

Toyaman Holiday

P1000381P1000380_2 富山市小杉にある「Toyaman Holiday」でラーメンを食べました。さるラーメンサイトで常連投稿者さん絶賛のラーメンです。 土曜日しか開店していない店なので,普通の人にとっての実用性はあまりありませんが,念のため食べに行ってみました。

夜限定のメニュー「鶏白湯らーめん」(680円)の塩を注文しました。「Dog House」,「一鶴」の鶏白湯ラーメンのような豚骨に負けない濃厚スープではなく,煮詰めるうちに自然に乳化が進み白濁していった感じのスープです。それなりにクリーミーですが,動物系特有の臭さもほのかにあり,やや微妙な感じです。680円の値段は良心的だと思いますが,土曜日の夜に外食するなら別の選択肢を選びそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/09

西山ラーメン 富山南店

P1000448P1000447P1000450富山市小中にある「西山ラーメン 富山南店」でラーメンを食べました。事務所の近くにあった西山ラーメンはとうの昔に閉店し,いつ富山から消えるか分からない状況?ですので,念のため今のうちに食べておくことにしました。

注文したのは「金艶(きんつや)味噌ラーメン」(780円)で,通常の味噌より130円も高い品です。店の棚にあった札には,3種類の味噌をブレンドし,他にない濃厚で特上の味に仕上がっているとの趣旨の宣伝文句が書かれていました。

しかし,実際にはしゃばしゃば味のスープで,宣伝文句を信じて注文しただけに,とてもがっかりしました。常連とおぼしきお客さんが「濃い味で」と注文していましたので,自分も濃い味にするようお願いすれば良かったのかもしれません(メニューには,味を調整できるとの表示はありません。)。

この味のラーメンだったら,明日から食べられなくなったとしても,別段,残念には思わないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

丸超ラーメン

P1000446 P1000437 富山市下赤江にある「丸超ラーメン」でラーメンを食べました。外は冷え込み,にんにくの効いた味噌ラーメンが美味い季節です。もっとも,平日のにんにく料理はNGですので,店を利用したのは休日です。

普通の味噌ラーメンは682円ですが,この日は「もつ味噌ラーメン」(819円)を注文しました。スープはコクがあり,八番などの味噌ラーメンに比べると本格的な味です。モツは,普通のモツ鍋に入っている味のしみ込んだタイプで,へたなモツ鍋一人分より量があります。辛子味噌は全部溶かすとかなりの辛味になるので,注意が必要でしょう。

このモツの量を考えると,コストパフォーマンスの良いラーメンかと思われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/06

ばたやん

___1 ___2 富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べました。たまに豚骨補給をしようを思い,「こってり黒マー油」(680円)を注文しました。トッピングに黒マー油と背脂が加わっています。

最初はトッピングに何も追加しなかったのですが,スープはにごった味で,豚骨の純粋な旨みを楽しむことは残念ながらできませんでした。そのため,替え玉(120円)を投入した後は,辛味高菜や紅しょうがを投入してお茶をにごしました。

これが最近の状況なのかたまたまなのかは,たまにしか入らないので判然としません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/02/05

万里

__ 富山市上冨居にある「万里」でラーメンを食べました。iPhoneで撮影したらスープの色が真っ黒になってしまいました。本当の色(通常の照明の下で見える色)は茶色です。

今回は,店主がブログ(1/22の記事)で告知しておられた「山かけラーメン」を食べるのが目的でした。通常のラーメン(800円)に「加賀丸芋」のすりおろし(200円アップ)を浮かべた一品です。ブログに書いてあるとおり,相当に粘り気の強い山芋でした。ただ,粘性が強いため,箸でくずしても団子状になり,麺にはうまくからみませんでした。

店のお客さんは常連が多いようでしたが,山芋にはあまり関心がなさそうで,山かけラーメンを注文したのは自分だけでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/31

ちゃるめら ぐっぴー

P1020375富山市内の北部にある高校で午前中に話をする機会があり,帰り道で上飯野にある「ちゃるめら ぐっぴー」に寄りました。注文したのは「醤油ラーメン」(700円)の大盛(100円アップ)です。塩・醤油以外のラーメンも注文してみたいのですが,「もやし」(800円),「スパイシー」(780円)ともにニンニクの臭いが強いため,さすがに昼には食べられません。あいかわらず甘めの味付けのチャーシューは好みでないのですが,思ったより麺の量が多く,満腹になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/26

ちゃるめら ぐっぴー

P1000340_2富山市上飯野にある「ちゃるめら ぐっぴー」でラーメンを食べました。今回はひさしぶりに「醤油ラーメン」(700円)を注文しました。

開店当初,この店の醤油ラーメンを食べたときは,パスタのような食感の麺にびっくりしたものですが,この日食べた品は普通のラーメンの麺でした。もっとも,平打ちの固ゆで麺は,つるつるとすすっても,しっかりかみしめても美味しく食べられます。

醤油味のスープは,個性的で飽きのこない味ですね。豚骨,豚骨魚介といったスープのラーメンは,食べなくても大体の味は予想できるので,この店の品のように個性的なラーメンはとても貴重です。

現状では「しょうゆ」・「塩」・「スパイシー」のラインナップが固定しているようですが,たまに新しいメニューが登場するので,今後の展開が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/25

支那そばや 翠月

P1000341P1000342富山市東老田にある「支那そばや 翠月」でラーメンを食べました。 土日はレギュラーメニューに加えて「じゃこだし」ラーメンをやっているのですが,今回は,その中の特別メニューである「塩じゃこだしらーめん」(1500円)を注文しました。トッピングに飛騨牛A4ランクの肉がのっているそうです。

スープは通常の塩(透明)とは違い,かなり白濁した色です。煮干の苦味を少し感じましたが,嫌になるほどの苦味ではありません。麺は平打ちの中太麺(細麺に代えられる)です。トッピングの肉は甘辛いすき焼き風の味付けで,「はし本」のそれとは異なり,しっかりした肉の味がしました。その他に太メンマとネギがのっています。

自分は煮干が嫌いなので他人にお勧めする気はしませんが,煮干好きの人なら旨いと思うのかもしれません。動物系の濃いスープとあわせるのなら煮干の癖のある強い味がぴったりなのかもしれませんが,煮干の味を前面に出して何が旨いのか,自分には良く分かりません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/22

ちゃるめら ぐっぴー

__富山市上飯野にある「ちゃるめら ぐっぴー」でラーメンを食べました。いつもは早い時間に行くのですが,このひは午後7時過ぎに入店しました。客は自分だけで,ちょっとさびしい状況です。

注文したのは「塩らーめん」(700円)です。スープのにごりが少し強く,また,麺がいつもよりつるつるした食感でした。多分単なるぶれでしょう。チャーシューの味付けがいつもより濃いのは意図的な変化かもしれません。

たまに食べるとついついスープを飲み干してしまう味わいで,やはり塩らーめんとしての完成度は高い一品だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/21

是空 富山店

P1000303P1000304P1000302富山市小泉町にある「是空 富山店」でラーメンを食べました。 岩本屋系のつけ麺専門店です。

前回は通常のつけ麺を注文したので,今回は「辛つけ麺」の大盛(麺500g,980円)としました。通常のつけ麺より100円アップです。

麺はゆでた状態の重量と思われます。500グラムでも大した量ではありません。つけ汁には赤唐辛子とその種が見えます。自分は辛い食べ物が好きですが,その自分にとってもかなりの辛さでした。食べられない程ではありませんが,最初から最後までこの辛さだと少しきついです。辛さ自体というより,汁の味が辛さに支配されるため,その単調さが苦痛になってきました。

あと,つけ汁を入れる容器が小さいため,麺を一気に食うには不便です(そういう食べ方をしなければ良いだけですが)。トッピングは,チャーシュー少々,太メンマ少々,小さな海苔一枚などです。かなり微妙な感じで,今現在の気分では,再挑戦はないと思います。

ただ,もしかしたら,このつけ麺は,蕎麦のつけ汁が塩辛い場合と同じように,麺の一部だけ汁にひたして食べたら,麺それ自体の旨さとつけ汁の味を同時に味わえて美味しいのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/19

DOG HOUSE

___2富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。地元の情報誌に紹介記事が載ったこともあってか,平日の昼間は以前に増して混んでいます。そこで,休日に行ったら比較的空いていました。

注文したのは定番の「つけ麺」(730円)。今回は,トッピング増しの特入り(150円)に加えて「豚なんこつ」(100円)も追加しました。甘辛い味付けでやわらかく煮た豚軟骨です。チャーシューも増量とあって,つけ麺と肉をたっぷり堪能しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/17

つくし

__富山市太郎丸本町にある「つくし」でラーメンを食べました。ひさしぶりにこの店の味噌を食べようと思い入ったのですが,壁に1月19日までの限定メニュー「札幌濃厚味噌ラーメン」(750円)の貼り紙があったため,これを注文しました。トッピングは「肉味噌」(100円)追加です。

通常の味噌より濃厚で,これこそ札幌味噌ラーメンという味です。極太メンマ,スモークしたような食感のチャーシューなど,トッピングも通常の味噌のものより自分の好みでした。途中で肉味噌をくずしてラーメンに混ぜたところピリ辛スープになりました。

味噌味が濃すぎると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが,お勧めできるラーメンです。期間限定とあるのが残念ですね。

【追記】
P1000272別の日にもう一度注文したら,今度は,スープが水っぽくしゃばしゃばのラーメンが出てきました。 人にお勧めできる品ではありません。普通の味噌ラーメンもそうなのですが,当たりはずれのある店ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/16

古久龍 長江店

P1000270富山市長江本町にある「古久龍 長江店」でラーメンを食べました。 定番の醤油に,醤油とんこつ,カレーなどありますが,この日は午後から人に会う予定があったため,一番臭いが無さそうな「塩ラーメン」(600円)を注文しました。

完成まで店員さんが何度も麺を引き上げて硬さをチェックしていました。出てきた麺はやわらかめ(過ぎ)です。「麺かため」をお願いすれば良かったと思いました。

スープの味は,旨味やコクは弱く,塩辛さが前面に出ており,あまり好みではありませんでした。600円なのであまり文句は言えませんが,注文するなら塩以外が無難でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/15

萬力屋(ファボーレ内)

___2___1ファボーレ内にある「萬力屋」でラーメンを食べました。 注文したのは「炙りもつ塩らーめん」(980円)です。

スープ,麺(細めの縮れ麺)ともに中華料理店のタイプで特徴はありません。トッピングも,もやし,水菜,海苔などは普通ですが,このラーメンで美味しいのは炙りもつです。味がしみ込んだ脂肪分の多いテッチャンは,表面をバーナーで焼いてあり,とても香ばしくコクのある味わいです。

このテッチャンを味わうためだけに980円を払うのは少し損な気もしますが,たまに食べたくなる味ですね。まあ,焼き肉専門屋でテッチャンを頼めば済むといえばそうなのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/14

はし本

P1010267P1010268富山市中川原にある「はし本」でラーメンを食べました。今回注文したのは「油そば」の並(700円,麺200g)です。麺はプラス100gが100円で400gまで増やせます。

もちもちの太麺に,味のしみ込んだチャーシュー,メンマ,温泉玉子などのっています。タレは甘酸っぱい味で,自分の好みではありません。特製ラー油入りとのことですが,辛さは控えめです。

店の勧めにしたがって,半分くらい食べたところでスープ割りを頼みました。たっぷりの量のスープを注いでもらいましたが,タレの甘酸っぱい味はそのままで,これもイマイチです。この店ならではの個性的な味ですが,自分としては別のラーメンを注文すればよかったと後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/10

紅虎餃子房 富山店

P1000251_2ファボーレ富山内にある「紅虎餃子房 富山店」でラーメンを食べました。中華料理店ではあまりラーメンは食べないのですが,この日は飲み過ぎで胃の調子が悪かったため,「海鮮湯麺」(1480円)を注文しました。

メニューの写真には海老などの具がたっぷり写っていたのですが、出てきた品はそれほどではありません。これで1480円とは値段が少し高すぎます。

もっとも,海老,イカ,あさりなどの海鮮素材や白菜,竹の子,キクラゲなどの野菜がそれなりに入っており,さすがに中華料理店のラーメンです。あっさりした塩味のスープは,ラーメン専門店のこってり塩味とは別種の旨さがあり,スープを飲み干せます。

ただ,麺とスープをご飯に代えても料理として十分に成立する具の量ですので,ラーメンというより中華料理というべきなのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/01/06

万里

P1020253富山市上冨居にある「万里」でラーメンを食べました。注文したのは普通のラーメン(800円)です。いわゆる「富山ブラック」(ご飯のおかずになる濃い味スープのラーメン)の一種ですが,「大喜」のラーメンなどに比べると,スープはそれほど塩辛くなく,コクのある味です。昔は妙な酸味を感じたのですが,ここ数回行ったかぎりでは,そのような雑味はなくなっています。

今回この店に行った理由は,店主さんのブログに,今年からはランチサービスのミニ丼(200円)の提供をやめてラーメン一本で勝負すると書いてあり,そのご自慢の麺を味わいたいと思ったからです。平太の縮れ麺で,加水率の高いとてもつるつるした食感の品でした。好みは分かれると思いますが,他所では味わえない麺ですね。

スープのコクをひきたてるチャーシュー,スープの脂分を中和してくれるネギなど,トッピングは充実しています。

自分の嗜好にピッタリ合うかどうかは別として,このようなこだわりを持った店が増えると食べ歩きの楽しみも増しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/27

DOG HOUSE

P1010248富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。今年のラーメンの食べ納めということでつけ麺を食べようと思って行ったのですが,周りの客につられて「台湾まぜそば」(750円)を注文してしまいました。

「DOG HOUSE」ではあまり経験のなかったことですが,食べた後に注文したことを後悔しました。しゃばしゃばの汁ですので,まぜそばの良さがあまり感じられません。やはり,まぜそばは,太麺に汁がからみつくようでないと美味しくありません。また,「台湾」とあるのに温泉たまごが入っているため辛さが中和しています。「台湾」と名付ける以上,カッとした辛さがほしいところです。

玉ねぎ・ニラ・ねぎなどの香りと刺激の強い食材がまざりあって,何か良く分からない味になっています。不味いわけではないので食べてみるのも一興でしょうが,同じ待つなら(極太麺なので,結構待たされます),普通のまぜそばの方が美味しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/23

とみぃ’ずきっちん

P1040144富山市本郷西部,国道8号線沿いのSA内にある「とみぃ’ずきっちん」でラーメンを食べました。国道8号線を利用したついでに,ひさしぶりに入ってみました。注文したのは「まぜ麺」(790円)です。普通のまぜ麺のほか,納豆入り,牛すじ入りなど新メニューもあるようです。

他店ではあまり見ない,少しゴワゴワした食感の太麺です。タレは後入れの醤油味ですが,先ほどネットで店の評判を見ていたら,新メニューなど頼むとタレの付け忘れもあるようなので,注意が必要ですね。

まぜ麺は濃厚なスープが太麺にからむところが他のラーメンにない特徴だと思うのですが,この品のスープはあっさりめで,これだったら普通のラーメンを食べた方が美味しいのではないかと思われました。また,作る人により違うのかもしれませんが,このときの品はかなりぬるく,食感も良くありませんでした。

昔はもっと本格的なラーメン店の味だったと思うのですが,もともとこんな感じだったのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/20

一鶴

P1030143富山市中島にある「一鶴」でラーメンを食べました。ひさしぶりに行ったら、駐車場が広がっていました。注文したのは「特製 鶏煮干しラーメン」(700円の普通のラーメンにチャーシュー・味玉追加、メンマ増量で200円プラス)です。

たまに行ってもつけ麺しか食べないため分からなかったのですが、いつのまにかラーメンの麺が太麺から細めの麺に変わっていました。なめらかで濃厚な味のスープには合わないですね。人気店なので太麺では客がさばけないからでしょうか。かなり残念な変更でした。他店の「煮干し」メニューに比べると煮干し臭さはあまりなく、良い味のアクセントになっていました。スープは飲み干すほど美味しいのに、この麺だと、もう一度行こうという意欲が減退しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/09

はし本

P1000180富山市中川原にある「はし本」でラーメンを食べました。今回は,「中華そば」(700円)の塩に全部のせ(500円。単品だと味付玉子100円,メンマ200円,チャーシュー250円です。)を注文しました。

メニューによると,スープは「豚・鶏・鰹・鯖・うるめ・昆布・椎茸・野菜他ベース」だそうです。前回食べた「端麗」より濃厚なので,こちらの方が一般受けしそうですね。特に熱いうちは魚介の風味を鮮明に感じます。

麺は,軽く縮れの入ったやや細めの中太麺です。こちらは特徴のない普通の麺でした。トッピングのチャーシューは,薄切りの豚ばら肉で,ほおばるとジューシーな食感です。メンマは,適度に歯ごたえのある硬さで,自分の好みでした。味付玉子は,黄身がとろとろのタイプです。

これまでこの店で食べたラーメンは,どれも個性的で水準が高いと思います。こういう店が必ずしも繁盛するとは限らないのが悲しいところですが,頑張ってほしいものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/07

やんと屋

P1000167P1000168P1000172富山市下堀にある「やんと屋」でラーメンを食べました。「壱徹」が移転した後の店舗で開店した店です。

「とんこつ醤油ラーメン」を注文しました。麺が選択(細麺,中太麺)できるようで,これは中太麺です。

カウンターに座ったため厨房の中が見えます。なんと,男性の店員が素手でネギとメンマをつまんで丼に入れています。伝票など色々な物を触っているのに,手は洗っていません。その後,トングでつかむようになったので一時的な動作かと思いますが,気持が悪いですね。特に,手づかみしたトッピングは加熱なしで出てきますので,衛生上もどうかと思います。

ラーメンの方も,スープは薄味,麺の量も少なめで,リピートしたくなる要素は見つかりません。上のこともあるので,再訪はなさそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トヤマンホリデー

P1000177_2P1000176富山市小杉にある「トヤマンホリデー」でラーメンを食べました。隠れ家的な場所にある店ですが,富山のラーメンを紹介するサイト「とやま麺類情報」で常連さんがしきりに紹介しているので,確認のため行ってみました。土曜日しか営業していない店です。

注文したのは「トントロ塩ラーメン」(700円)のニラ(トッピングのニラかネギを選択)です。さっぱり味ですが塩辛いスープと,やわらかくゆでた細麺です。スープは塩分が多いので飲み干すのは無理でした。最初に味見しようとしたら熱すぎて,舌がひりひりしました。

トッピングは,かるく味付けした豚トロ,ニラ,唐辛子などです。値段に見あった美味さはあると思いますが,クセになってリピートするような品ではないようです。上で紹介したサイトに連投している方は,味というより店が気に入ったということなのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/05

はし本

P1000158P1000156P1000157P1000160

富山市中川原にある「はし本」でラーメンを食べました。入り口に営業時間の案内の紙が貼ってありました。今のところ,水曜日の夜のみ休業とのことでした。

今回は,気になっていた「飛騨牛しゃぶしゃぶ塩そば」(1500円)を注文しました。「中華そば端麗・塩」ラーメンがベースで,上にスライスした牛肉がのっています。メニューによると,肉はA5等級の飛騨牛だそうです。ただ,肉がとても薄いため,高級牛肉の味を楽しむことはちょっと無理です。舌の上に肉をのせてじっくり味わうと,やっと牛の肉と脂の味がしてきました。遊び心で作ったメニューといえましょう。値段を考えると,注文はお勧めしません。

ラーメンの方は,「豚・煮干しベースのシンプルスープ」(メニューによる)と,細めのストレート麺の組み合わせです。煮干しの苦味・えぐみはほとんどなく,さっぱりした中にもコクを感じる味わいでした。

前回のつけ麺といい今回の塩ラーメンといい,かなり期待できる店だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/04

はし本

P1000142P1000143P1000140P1000141P1000144

富山市中川原にある「はし本」でラーメンを食べました。仕事の関係で立山町に行った帰り,「らーめん・つけ麺」という看板が目に入ったので寄ってみました。リンク先の記事によると,飛騨高山にあるラーメン店で修行した方が独立して開店した店だそうです。

メニューは,つけ麺,ラーメンから「飛騨牛しゃぶしゃぶ塩そば」といった変わり種もあります。今回は,普通の「つけめん」の大盛(麺300gで780円。なお,並(200g)と同じ値段)を注文しました。

結構な量の麺がドンと出てきたので,少しあせりました(その日はフランス料理店で忘年会があったため)。ゆでる前の重量なのでしょうか。麺は,ツルツルした食感の太麺です。

つけ汁は,魚介豚骨味がベースで,酸味が少し加わっています(個人的には酸味は不要と思いますが)。くどくなく,また塩辛すぎない味で,無難な出来だと思います。これで熱々だったら,もっとありがたいですね。つけ汁にはメンマと豚ばら肉のチャーシューが入っています。

強い個性やドッグハウスの品のような中毒性はありませんが,なかなかの水準のつけ麺だと思います。特に,麺の重量を並の3倍に増しても1000円なので,とにかく量を食べたい人には向いているかもしれません。他のメニューも気になりますね。なお,今のところ,営業時間や定休日の表示は見当たりませんでした。市街地から少し離れた場所に店があるので,臨時休業があるとしても,不定休よりは基本となる定休日など決まっていた方がありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/03

ちゃるめらぐっぴー

P1000132富山市上飯野にある「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。この日は,夜に仕事の関係でたまたま横の道路を通ったため寄ってみました。注文したのは塩ラーメン(700円)です。

この日の品も,前回と同様,気のせいか以前よりスープが濁っている感じがしました。ただ,この日のスープは曖昧な味で,濁りの悪い面が出ているように思われました。トッピングに鶏肉が加わっています。たまたまでしょうが,普段より表面に浮いた脂も多いようです。

今までこの店の塩ラーメンをお勧めしていたのですが,ちょっと様子を見たいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/12/01

DOG HOUSE

P1000123富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。ブログを書いていると,どうしても新しい店や新メニューを開拓する誘惑に駆られるのですが,最近は,自分の好みの店で好きな品を食べることを優先させています。

この日は,「つけ麺」(730円)に,特入り(150円),鶏団子(100円)を追加しました。鶏団子はつけ汁に沈んでします。生姜か何かの香味が少し強すぎる感じでした。また,出されてしばらくして口に入れたのですが,熱すぎて食べた後にしばらく舌がひりひりしました。

麺,つけ汁,他のトッピングは言うことなしです。「えびすこ」,「是・空」など麺自体の美味さという点では「DOG HOUSE」に勝る店はありますが,つけ汁,トッピングなど含めた全体としての美味さを比べると,「DOG HOUSE」が上ですね。

今回はベテランの店員さんで,海苔の入れ忘れはありませんでした。店内には店員募集の貼り紙があり,飲食店向きの気の利く店員さんが見つかるといいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/28

DOG HOUSE

P1000102P1000104富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。今回は,平日限定・数量限定の「まぜそば」(750円)を注文しました。もともとのトッピングは,もやし,みじん切り玉ねぎ,ほぐしチャーシュー,チーズ,メンマ,ネギ,生玉子です。オプション(無料)は,野菜,にんにく,マヨネーズ,脂,辛みで,今回は野菜増しとしました。

麺は極太ストレート麺で,麺とトッピング,タレを良くかき混ぜて食べます。極太麺は,トッピングとからめて食べても美味しいのですが,タレがからんだ麺だけを口にほおばってガシガシと食べるのも,まぜそばならではの醍醐味です。

タレの味や麺はラーメンですが,味わい方としてはパスタに近い料理といえるでしょう。私くらいの年齢の人間が食べても美味しいのですから,若い人が食べたらやみつきになるかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/24

ちゃるめらぐっぴー

P1000045富山市上飯野にある「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。休日の夜に行ったところ,この日はそれなりに客が入っていました。店主が一人で切り盛りしておられるため,ラーメンが出てくるまでの時間,お金を支払うタイミング(店主が厨房で忙しく動いておられるため,声を掛けるタイミングが難しく,ここでも待たされる)など,急いでいるとイライラするかもしれませんが,大らかな気持で臨みましょう。出てくるラーメンは,どれも個性的で,富山で食べられる品の中では水準が高いと思います。

この日も,前回と同じく「塩ラーメン」(700円)を注文しました。いつもよりスープが濃厚で塩味も強く,自分の好みでした。スープのコクにぴったりの細硬麺,チャーシュー,そぼろ肉,細めんまなどトッピングも必要にして十分な内容です。今回も来た甲斐がありました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/11/22

富紀(とき)

P1050129P1050130富山市西町にある「富紀」でランチを食べました。迷ったのですが、前回、チャーハンが美味かったので、この店にしました。注文したのは900円のAセット(汁そば)です。

この日の麺は硬めの極細麺、トッピングはもやし、そぼろ肉など、スープは澄んだ中華味です。残念なことに、チャーハンはしっとりしており、味は薄めでした。期待していたものとは違いますが、つけ合わせの品なのでやむを得ないでしょう。前回、お代わりしておけばよかったと、少し後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/21

是・空

P1030124P1030125富山市今泉にある「是・空」でラーメンを食べました。岩本屋系のつけ麺専門店です。営業試運転中だからなのか,11月末までは11:00~15:00の昼営業のみということです。

つけ麺の「並」(800円)を注文しました。「並」の麺は330gとメニューにあります。ゆでた状態の重量なのでしょう。大した量ではありません。

極太の麺はコシがあり,私の好みでした。つけ汁には,極太メンマ2本と豚バラ肉のチャーシュー(脂が多い)が入っています。味は塩辛く,ぬるめです。多人数分を鍋で温めているからでしょう。冷やもりのつけ麺としては,結構,致命的な欠点ですね。麺が好みだけに,つけ汁の味と温度は残念でした。今後の改善を期待します(単に,開店早々で慣れていないだけ,ということなら良いのですが)。

なお,同じ道路沿いにあった「いろは」系のつけ麺店「松任製麺」は,早々と閉店しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/16

いとう屋

P1050109_2富山市五福五区にある「いとう屋」でラーメンを食べました。富山大学前ある店です。たまたまこの近辺に用事で来たため入ってみました。

写真は「ラーメン」(500円)です。スープは,業務用濃縮スープをお湯で割る伝統的手法で作られています。GABAN(胡椒)を入れるとちょうど良い味になるタイプのスープですね。チャーシューは甘口でした。

学食や社員食堂の類いの場所で出てきたら文句はないのかもしれませんが,外の看板に「こだわりの味」と書いて提供する品としてはどうでしょうか。個人的には,県立図書館内の食堂のラーメンの方がずっと好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/15

DOG HOUSE

P1040106富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。今回は,通常のつけ麺(730円)ではなく「濃厚つけ麺」(750円)を注文しました。麺は太麺と極太麺を選べるので,太麺にしました。それとトッピングの「特入り」(チャーシュー2枚,味付け玉子半分,海苔2枚で150円)を追加です。

メニューに「濃厚」とあるだけあって,つけ汁はドロドロです。味は,普通のつけ麺と同じく,まろやかな鶏白湯味です。つけ汁が良く麺にからみます。最初は,つけ汁が麺にからみすぎて塩辛く感じましたが,途中から良い加減になりました。ただ,チャーシューにもつけ汁が大量にからみ,こちらは塩辛すぎて,チャーシューの味を少し壊しているように感じました。

女性の店員さんが慣れていないためか,海苔2枚の追加がありませんでした。入れ忘れがチャーシューの方だったらさすがに指摘すると思いますが,幸い海苔の方でしたのであきらめました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/13

ひろまる

P1030097P1030094滑川市上小泉にある「ひろまる」でラーメンを食べました。南砺市にあった元の「ひろまる」のHPが更新されており,「店主のブログ」へのリンクは元の店主さんのブログにつながります。一方で,元の店主さんのブログにアップされている新聞記事によると,滑川の店は「弟子」が運営しているということです。今ひとつ,関係が不明ですね。

ともあれ,開店当初よりメニューが増えています。今回は,「背脂とんこつ醤油」(680円)にトッピング「おやさい」(もやし+キャベツで100円)を注文しました。スープは,少しドロッとしていますが,それほど濃厚でない味です。麺が細麺ですので,それに合わせたのかも知れません。ただ,「とんこつ醤油」ということでガツンとインパクトのある味を期待する向きには,少し物足りないかもしれません。自分としては,同じ値段の「いまどき塩ラーメン」を注文すれば良かったと少し後悔しました。

トッピングは,厚切りのバラ肉チャーシュー,半煮玉子,背脂などです。昼の時間に入りましたが,客は少なめでした。たまたまなのかもしれませんが,マニアックなメニューが多いことが原因だとしたら残念ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/09

ちゃるめらぐっぴー

P1060076富山市上飯野にある「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。この店の醤油も好きなのですが(「もやし」はニンニク臭がきついので平日昼は無理),たまに来るとついつい塩(700円)を注文してしまいます。

ほどよくコクのあるスープに硬めの細麺が良く合いますね。最近東京駅で食べた塩ラーメンに比べるとちょっと物足りませんが,富山で食べられる塩ラーメンとしては,自分の中では上位にあります。トッピング(チャーシュー1枚,メンマ,鶏そぼろ肉,糸唐辛子など)も地味ですが,自分としてはこれで十分です。

一昔前は新店巡りに精を出していたのですが,最近は,飽きのこない品を繰り返し食べる方が楽で良いという気になってきました。自分も歳なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/07

近江屋

P1040066P1040067富山駅前にある「近江屋」でラーメンを食べました。夜は鶏焼屋ですが,昼(11時30分~14時,月~金(ただし祝日は除く))はラーメンを提供しています。メニューは,醤油豚骨のラーメン(750円),チャーシュー麺(900円),つけ麺(850円)とシンプルです。今回はラーメンを注文しました。

スープは,見た目濃厚ですが,それほどコクはありません。麺は,やや細めの中太ストレート麺です。トッピングは,燻製チャーシュー2枚,半煮玉子,メンマ,きくらげ,焼バラ海苔,きざみ玉ねぎなどです。燻製チャーシューといえば「はじめ家」がありますが,はじめ家の方は硬めなのに対し,この店の品はジューシーで旨いと思います。

ごはん,おにぎりが食べ放題ということです。そのためか,麺の量は少なめでした。チャーシュー以外は特徴のないラーメンですが,トッピングの品数が多いので,ご飯のおかずには良いのかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/11/04

醤(じゃん)

P1030061富山市中川原にある「」でラーメンを食べました。外に「野菜盛り坦々麺」ののぼりがあったので,さっそくこれを注文してみました(850円)。野菜は,キャベツ,もやし,ニラ,にんじんなど入っています。

結果から言うと,かなりの「ハズレ」でした。胡麻風味のクリーミーなスープと野菜がマッチしません。また,野菜に味が付いていないので,どうしてもスープに混ぜて食べざるを得ず,そのため,麺と野菜がからんで食感もよくありません。普通のタンメンは,野菜だけ食べても味が付いていて旨いのに,この品は違いますね。

以前にこの店で食べた担々麺は辛さがほとんどなかったのに,この品はそこそこの辛さで,それが救いといえば救いでしたが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/30

一心

P1030038P1030039富山市桜町にある「一心」でランチを食べました。駅前に用があったため,ひさしぶりにこの店に入ってみました。一人客なのでカウンターですが,ランチ時なので,ぎっしりです。ここはカウンターが窮屈ですね。

レギュラーのラーメンは濃い味のスープと細麺の組み合わせが今いち(スープも,なんで手をかけてこの味なの?という品です),白豚骨はニンニク臭が強すぎで,過去に後悔したため,今回は,煮玉子にぼしラーメン(750円)とランチセットの三色ミニ丼(100円)を注文しました。

スープは煮干しだけでだしをとっているそうです。煮干し特有のえぐみのないすっきり味でした。かつおと昆布の和だしに比べると荒っぽい味ですが,ラーメンのスープには,これくらいの強さが必要なのかもしれませんね。好んで食べる味ではありませんが,たまに趣向を変えるには良いのではないかと思いました。

麺は細めで,丼物もあって食べるのに時間が少しかかったため,最後の方にはのびていました。煮玉子は,見た目は濃厚ですが,味はあっさり目です。「翠月」の煮玉子のような濃い味を期待していたので,少し残念でした。

最近はどうか分かりませんが,煮干しの味を最大限引き出すにはこの温度が良いのだといってぬるいスープのラーメンを出す店があります。しかし,この店のスープは熱々でした。煮干しの風味が少し犠牲になったとしても,スープの熱い方がありがたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/28

DOG HOUSE

PhotoPhoto_2富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。レギュラーメニューのつけ麺を食べるつもりだったのですが,テーブルの上に「濃厚荒にぼしそば」(780円)の札がありましたので,これを注文してみました。「特入り」(150円,チャーシュー2枚,半玉子,海苔2枚)を追加です。麺は,通常の太麺と極太麺がチョイスできるそうなので,今回は極太にしました。

煮干しによってスープの色が変わっていますね。極太麺は,ブツ切りとまではいきませんが短めで,もちもちの食感かと期待していたのですが,硬い麺でした。

煮干し入りのラーメンは,たまに変わった味で食べたいときの選択肢としてはアリだと思いますが,自分は,煮干しの味が美味いとは思わないので(特に,かつおの味に比べて),二度目はないでしょうね。最近は,ラーメン関係のHPなどに積極的に投稿している富山のラーメン好きの人たちの中に,「煮干しの味」=「こだわりの味」のような風潮があるようですが,煮干しの味をさほど評価しない自分にとっては不思議な光景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/27

らーめん空(富山大和・大北海道展)

P1030023富山大和6階の催事場で開催中の大北海道展内の出店です(10月29日まで)。「らーめん空」という店だそうです。広告には「道産もち豚から取ったスープに焼き味噌がマッチした逸品」と書いてありました。

注文したのは「味噌ラーメン」(788円)です。味噌ラーメンにしては細めの麺ですね。黄色の加水率高めの麺です。スープはどろどろしていますが,味にあまりコクがなく,塩辛さが立っています。トッピングは薄くスライスしたバラ肉チャーシュー,申し訳程度のメンマなど貧相です。普通の店で,788円支払ってこれが出てきたら怒ると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/26

おぼろ

P1030015P1030017富山市高屋敷にある「おぼろ」でラーメンを食べました。この店では,たいていレギュラーの塩か味噌を注文するのですが,その日は季節限定の3品の中から「汁なし坦々麺」を注文しました。季節限定品もレギュラーメニューのラーメンと同じく500円です。

トッピングは,肉味噌,軽くゆでたもやし,ネギとシンプルです。メンマを追加しようとも考えたのですが,この店のメンマは甘口で自分の好みでないため止めました。

麺が太くないのは少し残念ですが,もちもちの食感で,これもアリかなと思いました。デフォではほとんど辛くないので,ラー油を投入して辛さを加えます。麺の量に比べて肉味噌が少ないので,最初は麺だけ食べている感じでしたが,最後の方になって,丼の底にたまった肉味噌と汁が麺にからむようになり,なかなかの美味さでした。

ただ,もやしのしゃきしゃき感が加わっただけでは単調さは否めず,チャーシュー,メンマなどのトッピングが欲しいところですね。自分としては,700円が500円になってもさほど有難いとは思わず,より美味くなるのなら喜んで200円を支払います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/23

万里

P1020996富山市上冨居にある「万里」でラーメンを食べました。普段はあまり行かない店ですが,店主さんのブログに,この日のランチサービスの飯物(200円追加)が「すっぽん飯」だと書いてあり,これを目当てに行ってきました。なお,このブログには,たまに特別メニューの予告が載っています。

「すっぽん飯」は,すっぽんと和風のダシで炊いたご飯を,玉子をかけて食べるそうです。ただ,ご飯にしみ込んだだし汁の味が薄かったため,玉子をかけたら,単なる和風だし醤油付き玉子かけご飯になってしまいました。

ラーメンの方は相変わらず微妙です。平打ちの縮れ麺はコシがあって美味いと思います。チャーシューもなかなか。ただ,スープの方は,人によっては「クセになる味」なのでしょうが,普通の感覚で美味いとは言いがたい味です。一口で言うと,あまりしょっぱくない富山ブラックです。自分は富山ブラックが苦手なので,万里のラーメンも受けつけません。

店主さんのブログを見ると,食に対し並々ならぬこだわりを持っておられることが分かります。それなのに,なぜこのスープの味なのか?と,食べるたびに疑問がわいてきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/20

麺屋 つくし

Photo_3富山市太郎丸本町にある「麺屋 つくし」でラーメンを食べました。ひさしぶりに「味噌ラーメン」(750円)を注文してみました(写真はメンマ増し(100円))。

スープの量が少なく、味は薄めで、熱々でなかったのは残念でした。前は、「すみれ」のラーメンと比べるのはさすがに無理があるけど、富山で食べられる味噌ラーメンとしては美味い方という評価でした。しかし、今回食べた品は明らかに劣化しており、特に、油でぎとぎとでぬるいスープには閉口しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺王

Photo_2富山市石金にある「麺王」でラーメンを食べました。開店してからラーメンのメニューは増えましたが、今回は、原点の「ラーメン(並)」(650円)を注文しました。

スープはとても塩辛く、豚骨のコクが不足しているためシャバシャバしています。麺は、同系の「はじめ家」、「元喜家」などの麺と比べると細めです。

「麺王」はラーメンのメニューが多いため、単純に比較することはできませんが、このラーメンを注文するのであれば、比較的近くに店がある「元喜家」のラーメンを食べた方が満足度が高いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/10/16

天安

Photo_2Photo_3富山市森にある「天安」でラーメンを食べました。中島から岩瀬スポーツ公園前に店が移転しました。クスリのアオキの手前のホカ弁屋の隣にあります。

メニューは「五目タンメン」(900円)と「ぎょうざ」(500円)のみとシンプルです。普通のラーメン店だと思い入った人はびっくりするでしょうね。実際、私の後に入った男女は、ぎょうざ1皿だけ食べて出ていきました。他店で食べ直すのでしょう。

昔、神的に美味かったことが一回あり、何とかあの味を味わえないかと、たまに行くのですが、今回もごく普通のタンメンでした。店が遠ざかり、味も値段の割に今ひとつで(不味くはありませんが)、足も遠のきそうです。なお、店主さんのうるさい雑談がなかったのは幸いでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元喜家 富山店

Photo富山市四ツ葉町にある「元喜家 富山店」でラーメンを食べました。ラーメン並(650円)に,ほうれん草の増量(100円)です。クリーミーな豚骨味のスープに,デフォでも硬ゆでの麺です。乾いた食感のチャーシューは相変わらず疑問ですが,ひさしぶりに食べたら,期待以上に美味く感じました。

ただ,店員さんがスープの表面をレンゲですくって捨てた動作が気になりました。何が浮いていたのでしょうか?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/08

ちゃるめらぐっぴー

Photo_2富山市上飯野の「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。今回は,「しおラーメン」(700円)を注文しました。

塩ラーメンは,作りを凝っていく過程で一歩間違うと「支那そば 翠月」の「しおねぎ」のように味気ない品になってしまうのですが,この店の塩は,スープにコクと深さがあり,とても美味いと思います。トッピングも,チャーシュー,そぼろ肉,メンマ,糸唐辛子,ネギ,ゆずなど,それなりに充実して,しかも,スープの味を邪魔しません。麺は,シコシコした食感の細麺です。

値段の割に食後の満腹感は今ひとつですが,完成度の高いラーメンだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/09/06

DOG HOUSE

Photo富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。今まで気が付かなかったのですが,入り口のボードには,長野の「ありがとう製麺」の麺を使っているという表示があります。

定番の「つけ麺」(730円)+「特入り」(150円,チャーシュー2枚,海苔,味玉半個追加)です。よく冷やしたコシのある中太麺と,濃厚で熱々の鶏白湯つけ汁です。トッピングは,脂身の多いバラ肉チャーシュー,メンマ,海苔,味玉など。富山では王道のつけ麺ですね。

なお,平日限定で,「犬二郎」(二郎インスパイア),「まぜそば」などもやっているようです。食べてみたいのですが,自分の歳では完食が難しそうなので,パスしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/31

ちゃるめらぐっぴー

P1020953富山市上飯野にある「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。以前は店の営業日・時間が不安定だったのですが,最近は,ふられることはなくなりました。今回は「しょうゆラーメン」(700円)を注文しました。

麺は平打ちで,しこしこの食感です。スープはマイルドな味わいで,好みがあるとは思いますが,自分はかなりはまっています。バラ肉チャーシュー,メンマ,きざみタマネギなどトッピングも充実しています。しかし,あまり客が入っていない感じです。

家族客向けのメニューが少なく,店のキャパは小さめで,客が多いとラーメンが出てくるまでにそれなりの時間がかかるなど不利な条件はあるのですが,それにしても客の入りが悪すぎるという印象です。また,元の不安定な状況になってしまわないよう願いたいところですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/30

支那そばや 翠月

P1020943富山市東老田にある「支那そばや 翠月」でラーメンを食べました。前回は味噌を注文して失敗しましたので,今回は定番の「塩ねぎ」のチャーシューラーメン(1000円)を注文しました。

当初は佐野実の「支那そばや」の味を承継したラーメンということで,評判にもなり,また,鮮烈な美味しさでしたが,ある時期からガタッと味が落ちて(少なくとも,私を含めて複数のラーメン好きがそう感じた),現在に至ります。

あらためて食べてみると,やはりぼんやりとした薄味で,決して不味い部類ではないのですが,当初の印象が強かっただけに残念な感じですね。今回は,チャーシューに嫌な豚肉臭さがありました。無いものねだりなのですが,最初の頃の味をもう一度出してもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/27

支那そばや 翠月

P1020923富山市東老田にある「支那そばや 翠月」でラーメンを食べました。「ねぎしお」が店の一押しだと思いますが,今回は「味噌ラーメン」(880円)を注文しました。

注文後,調理場の方から結構なニンニクの臭いがただよってきて,注文したことを後悔しました(午後に人と会う予定があったため)。「無化調」をうたっていますが,やはり,味噌は他店と同じくニンニクがぶち込まれているのですね。

麺は中太と中細が選択できるので,中太にしました。つるつるした食感の平打ち麺です。スープは,味噌特有のガツンとしたインパクトがありません。これでは,味噌ラーメンを注文した意味がないと思います。極太メンマとチャーシューは美味いのですが。

素材を厳選してこの値段になったのだと思いますが,無化調至上主義でない普通のラーメン好きの感覚としては,この品に880円はナイと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/22

松任製麺

PhotoPhoto_2富山市掛尾町にある「松任製麺 掛尾店」でラーメンを食べました。開店当初は鶏白湯に特化したメニューしかありませんでしたが,現在は,「いろは」のレギュラーメニューであるブラックラーメンなども提供しています。

この日は,「四川醤油ブラックラーメン」(850円)なる品を注文しました。メニューには,陳健一氏とのコラボとあります。

細めのモチモチした麺にブラックスープが良くしみ込んでいます。ラー油は本格中華料理の味わいで,トッピングも豊富です。ピリ辛が苦手な人にはお勧めしませんが,かなり美味くてクセになりそうな味わいでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/20

DOG HOUSE

Photo富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。昨日,飲み会で飲み過ぎたため,平日限定の塩ラーメンを注文しようと思っていたら,この日はメニューにありませんでした。そこで,「辛みそらーめん」(780円)にメンマ(100円)をトッピングしました。

この店のみそらーめんは初めてです。ベースの鶏白湯スープがとても濃いため,みそ味は少し陰に隠れた感じです。ガツンとした辛味噌味を期待すると,少し肩すかしかもしれません。自分はこの店の鶏白湯味が好きなため,特に不満はありませんでした。トッピングは,バラ肉のチャーシュー,メンマ(デフォで入っているのかは不明),もやし,きくらげなど。

固ゆでの太麺で,ボリュームもありますので,飲み会で弱った胃には少し負担でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/18

ばたやん

Photo_5富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べました。前に来たときにメニューを見て,六厘舎と同じ「浅草開化楼」の麺を使用していると書いてあったので,今回注文しました。一度食べたことがありますが,そのときはあまり感心しなかった記憶です。

出てきた麺は,確かにもちもちした食感で,自分の好みです。ただ,つけ汁が絶望的にぬるく,これではつけ麺の体をなしていません。トッピングも,写真では極太メンマなのに,実際に入っているのは普通の細メンマです。チャーシューは塩辛すぎます。

麺が美味いだけに,つけ汁とトッピングのレベルが低いのは残念でした。店側としては,有名店(六厘舎)の評判に便乗した商品なので,あまり手をかける気はないということかもしれませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/17

くるまやラーメン

Photoくるまやラーメン」でラーメンを食べました。富山では「8番」と並ぶチェーン店ですが,今まで未食でした。最近は豚骨ラーメンに飽きてきた感じなので,くるまやを試してみました。今回注文したのは,基本の「味噌ラーメン」(600円)です。ニンニクの有無を聞かれたので,ニンニク入りにしました。

スープはとてもコクのある濃い味ですね。味にごつごつした感触がないのはチェーン店らしいところですが,結構気に入りました。ただ,ニンニクの刺激が舌にピリピリするのには,少し閉口しました。麺は中太で,トッピングはチャーシューがなく,もやし,ねぎなどシンプルでした。

麺をもう少し加水率の高い太麺にして,トッピングの野菜を充実させたら,ラーメン好きの人にもっと受ける味噌ラーメンになる気がします。ただ,値段をおさえ,麺もより万人向けにしているところが,チェーン店の戦略なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/15

ラーメン花月嵐

Photo富山市内にある「ラーメン花月嵐」でラーメンを食べました。今回食べたのは,「なんつっ亭」とコラボして開発したとの宣伝の黒マー油入り豚骨ラーメン(780円)です。

オリジナルを知らないのでどれくらい再現しているのかは分かりません。黒マー油については苦みがあるので好みが分かれるでしょう。自分は好きです。スープは,割とあっさり目の豚骨味です。トッピングは,薄くスライスしたチャーシュー,もやし,ネギ,海苔などです。

ここまでは良かったのですが,博多風の低加水の極細麺がやわやわで,食欲がそそられませんでした。企画商品なので麺の硬さを指定できないのはやむを得ないのでしょうが,この麺だと再度注文する気は起こりませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/13

四川乃華 富山二口店

Photo富山市二口町にある「四川乃華 富山二口店」でラーメンを食べました。この日はお盆期間でランチセットがありませんでした。そこで,レギュラーメニューの中から「坦々麺」(780円)を注文しました。

やわらかく煮た中華料理店の細麺です。スープは,酸っぱい醤油味がベースです。肉は少なめ。780円は高い気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/07

8番らーめん

P10409068番らーめん」でラーメンを食べました。注文したのは,セットメニューのC(野菜ラーメン+唐揚げ,934円)です。ラーメンは「塩」で,唐揚げと塩ラーメンの鉄板セットです。

8番の唐揚げは,胸肉なのにジューシーです。塩ラーメンも,コクのあるスープが平打ちの太麺に良く合います。8番は,注文に迷わないで済むところが良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/31

DOG HOUSE

Photo富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。このところ,平日や平日昼の限定品が多いですが,けんじろう(二郎系インスパイア),つけじろう,塩ラーメン,グリーンカレーつけ麺などメニューが増えています。今回は,この中で「グリーンカレーつけ麺」(780円)を注文しました。
つけ汁のグリーンカレーは,スープはしゃばしゃばですが,具は鶏肉,パプリカなどとカレー仕様で,味も本格的です。麺をひたして食べたときはあまり辛さを感じなかったのですが,「ごはん(小)」(通常100円,昼は50円)にかけたら,辛さがひきたちました。辛いものが苦手の人は,ご飯と一緒には食べない方がよいかもしれません。

麺の食感とカレーの味を両方楽しめるという点では面白い品ですが,麺とスープの相性という面では,やはり通常のつけ麺(鶏白湯)が勝っていると感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/30

ひびきやキッチン2・3

P1030894富山市中央通りにある「ひびきやキッチン2・3」でラーメンを食べました。焼き鳥中心の店ですが,ランチ限定メニューとしてラーメンとカレーがあります。閑散とした中央通りで営業を続けている(それも端の方で)ことは,すごいと思います。固定客が多いのでしょう。店内の照明が暗いので,写真も暗くなっています。

写真は「とりラーメン大」(750円)です(普通のサイズは600円)。麺は普通の縮れ麺で,スープは濃厚な鶏白湯?です。トッピングは,鶏つくね,鶏胸肉,焼き鳥(皮),メンマなど。

値段のわりに麺・トッピングともボリュームがあります。職場のランチタイム用の食事にピッタリですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/22

ばたやん

Photo_2富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べました。再度,「こってり黒マー油」(680円)を注文しました。前回で懲りたので,今回は替え玉なしです。

今回も,良い感じでこってりしていました。黒マー油も香ばしい味わいでした。背脂で少しごまかした感はありますが,この品だったら,これからもリピートして良いかなと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/14

ばたやん

PhotoPhoto_2富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べました。普通のラーメン(600円)の他に「こってり黒マー油」(680円)など新しいメニューが加わっていました。

今回は、こってり黒マー油を注文しました。前回、普通のラーメンを食べた際にはスープが薄くて閉口したのですが、今回は、無理やり背脂でこってり感を出している部分を差し引いても、それなりに濃い味でした。黒マー油は、香ばしさよりも焦げ臭さが前面に出た味で、あまり好みではありませんでした。

替え玉(120円)とメンマ(100円)を追加で頼みました。元々のスープの温度が低く、しかもメンマを入れたためか、替え玉を入れたラーメンは温くてひどい品で、これは失敗でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/09

昭和食堂 婦中店

P1020804富山市婦中町下轡田にある「昭和食堂 婦中店」でラーメンを食べました。つけ麺(780円)があったので注文してみました。残念ながら,これはハズレでした。

麺をゆでる時間を他の品と合わせるためなのか,麺があまり太くありません。おまけに,「冷やもり」なのに麺が温かった。つけ汁のコクも今ひとつ。別の品を注文すれば良かったと後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/04

ワンフー 山室店

P1030781富山市山室にある「ワンフー  グリーンモール山室店」でランチを食べました。カウンター席に座ると,厨房の様子がよく見えます。前に来たときも同じ感想を持ったのですが,素手で食品を触る人と,注文をとるためにペンなど握る人は役割を分けた方が良いように思いました。

注文したのは「ちゃんぽん麺(野菜ダブル)」(800円)です。ダブルにしたことによって,もやしが増えるようです。具は,もやしなど野菜中心で,中に小エビ,豚肉などぽつぽつ見えます。スープはコクがあって,なかなか美味でした。麺は平打ちで,全粒粉を使っています。

野菜の量が多く,しかも具を油で炒めているため,結構,ボリュームがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/07/02

勝屋(しょうや)

P1020768富山市新庄北町にある「勝屋」でラーメンを食べました。煮干入りスープのラーメンです。写真は,特製中華そば(880円)で,通常の品(680円)にトッピングが追加されています。

通の人(富山のラーメン店関係のサイトに頻繁に投稿している常連さん)には受けが良いようですが,自分は煮干しがあまり得意でないので,これ目当てに通いたいとは思いません。ただ,良心的なつくりのラーメンではあるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/30

茶藝庭(ちゃげいてい)

P1020766富山市二口町にある「茶藝庭」でラーメンを食べました。注文したのは「パイコー麺」です。普通の醤油ラーメンに,豚ロース肉の唐揚げが別添えです。とても薄い肉に分厚いころもの唐揚げで,はっきり言って不味いです。

カウンター席に座っていたので見えたのですが,完成したラーメンがずっと厨房のカウンターに放置されており,出てきた時点で麺がふやけていました。色々な意味で残念な料理でした。ひさしぶりに外食で大きく外しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひろまる

P1020764滑川市上小泉にある「ひろまる」でラーメンを食べました。南砺市にあった「ひろまる」は閉店しましたが,お弟子さんの店がここに開店しました。この日は夕方から滑川で用事があったため,ついでに入ってみました。

色々なメニューが承継されているようですが,まずは基本の「塩ラーメン」(680円)を注文しました。細めの自家製麺に,マー油のきいた熱々の豚骨スープです。やさしい味わいなので,飲み干せる感じですね。トッピングは脂身の多いチャーシュー,味玉,メンマ,海苔など。ひさしぶりに食べたら美味しくて,スープまで完食しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちゃるめらぐっぴー

P1020736富山市上飯野にある「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。今回は,一番基本の「しょうゆ」(700円)です。麺は平打ちで硬めの食感です。スープは個性的な味で,トッピングは分厚いチャーシュー2枚など。客が多いと時間がかかるのですが,この日(土曜日)の昼は自分しか客がいなかったので,スムーズです。もっと売れて良い品だと思うのですが,ちょっとさびしい店内でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/16

DOG HOUSE

P1060680富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。いつも注文する「つけ麺」(730円)+トッピング増し(特入り,150円)です。

前回食べたときは脂身の少ないチャーシューでしたが,今回は元の脂身の多いバラ肉チャーシューでした。この店のクリーミーな鶏白湯スープに慣れると,他店の豚骨魚介のつけ汁は塩辛くまたしつこく感じるようになります。もう一段,麺が進化したら,つけ麺はこの店しか行かなくなるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺王

P1060683P1060681富山市石金にある「麺王」でラーメンを食べました。今回は期間限定の「つけ麺」(並,800円)を注文しました。

全粒粉を使用した極太麺に,塩辛めのつけ汁です。麺が生ぬるく,少しぬめりが残っていました。つけ汁もぬるく,これに生ぬるい麺をつけて食べるのですから,味以前の問題でダメですね。普通のラーメンを注文すれば良かったと後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/13

一鶴

P1040671富山市中島にある「一鶴」でラーメンを食べました。ひさしぶりに行ったら,ラーメンのスープが鶏白湯に変わっていました。「鶏煮干しラーメン」(700円)です。とても濃厚なスープに細めの麺です。煮干しの風味は結構強いのですが,クセがあるというレベルではありません。トッピングは,厚切りチャーシュー1枚,メンマ,刻みタマネギ,海苔など。個人的には前のスープの方が好きですね。今回の品は,スープが濃すぎて,当分は結構という感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/09

ちゃるめらぐっぴー

P1020659P1020657富山市上飯野にある「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。店内に入ってメニューのボードを見ると「つけそば」(800円)とあったので,今回はこれを注文してみました。

見た目が通常のつけ麺とまったく違います。サラダ菜,パイナップルなど珍しい食材が皿にのっています。麺は細くてやわらかく,麺の食感を楽しむ普通のつけ麺とは違う方向性ですね。

つけ汁は酸味があり,あまり熱くありません。冷やしラーメンの趣向も取り入れた感じなのでしょうか。ちょっと好みは分かれそうですが,個人的にはギリギリありかなと思います。ただ,自分は温かい醤油・塩ラーメンの方が好きです。

【追記】
P1020660
こちらは別の日に食べた「塩ラーメン」(700円)です。透明なスープに,軟らかく煮た細麺です。ちょっとスガキヤのラーメンに近い味がしますね。

この店は20~30分待たされることはざらなので(この日は30分超待ち),それだけ待った後に出てくると,少し物足りない感じがします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/06

エアストリーム

P1020646P1020647P1020645P1020644

富山市堀川小泉町にある「エアストリーム」でラーメンを食べました。基本の味噌ラーメンは何度か食べたことがあるのですが,今回は「濃厚魚介味噌ラーメン」(780円)を初めて注文してみました。

塩分が多めの濃厚スープに,加水率低めの縮れ麺です。一口食べて,少し失敗したかなという印象を受けました。スープの塩分が強すぎ,また,加水率低めの麺はこのスープに合わないような気がしました。加水率高めのツルツルした食感の麺の方が相性が良いように思います。

トッピングは厚切りチャーシュー,もやし,糸唐辛子など。トッピング1品無料のランチサービスがあったので,味玉を入れてもらいました。こちらはいい感じの半熟玉子でした。

やはり,自分はノーマルな味噌ラーメンの方が好みです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/04

DOG HOUSE

P1020627P1020628富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。今回は,つけ麺(780円),特入り(150円,トッピング増量),ギョーザ3個(150円)を注文しました。

つるつるの麺と,コクのある鶏白湯のつけ汁がマッチして,今回も美味しくいただけました。チャーシューが脂身控えめのやわらかロース肉に変わったようですね。自分にはありがたい変更です。ギョーザは初めて食べましたが,野菜中心の具はとてもジューシーな仕上がりで,自分の好みでした。

自分の事務所からあまり遠くない場所に,このような良心的な店があることは,非常にラッキーですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/06/03

おぼろ

P1020577P1020576富山市高屋敷にある「おぼろ」でラーメンを食べました。日曜日も夜遅くまでやっており,使いやすい店だと思います。ただ,駐車場のスペースは使いにくい。

ワンコインでラーメンが食べられるのも,ありがたいですね。写真は「味噌ラーメン」(500円)です。加水率高めのツルツルした食感の細めの麺です。スープは塩辛く,見た目よりあっさりしています。チャーシューは脂身が多く,サイズは小さめです。メンマを増量(100円)したのですが,スーパーで売っている袋入りのメンマの味で,これは少々がっかりしました。500円という価格相応にまとまったラーメンではないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/26

たい風・嵐

P1040531富山市天正寺にある「たい風・嵐」でラーメンを食べました。相当にひさしぶりの店です。今回は「つけ麺(並)」(780円)を注文しました。

麺は極太で,コシがあるというよりは硬い食感です。つけ汁は,とても塩辛い味でした。塩気以外の味が良く分かりません。つけ汁には,厚切りチャーシュー2枚,固ゆでの玉子半分,メンマが沈んでいます。最初にこれだけの具材をぶち込んだためか,食べ始めたときにはすでにぬるくなっていました。

知人を連れて一緒に注文しようと考えていたのですが,一人で食べてみて良かったと思います。これを他人に勧めていたら,かなりばつが悪くなったことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/25

麺王

P1030526P1030528富山市石金にある「麺王」でラーメンを食べました。この店の標準のラーメンはいわゆる「家系」と呼ばれる系統の品ですが,この日食べたのは「和風(魚介)ラーメン・並」(750円)です。

しつこくないWスープに,加水率高めのツルツルした食感の麺です。トッピングは箸ですぐ崩れるチャーシュー,ほうれん草など。見た目よりあっさりした味です。ひさしぶりに食べたのですが,期待した以上の品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/17

リトル上海

P1030440富山市千歳町「高志会館」1階にある中華料理店「リトル上海」でラーメンを食べました。今年は色々な店で坦々麺を食べようと思っていますので,この店でも「四川風ラーメン(坦々麺)」(950円)を注文しました。

この店の坦々麺のスープはクリーミーなタイプです。麺は平打ちの細麺。中華料理店でよく出てくるふにゃふにゃな麺です。中華料理店でも,ラーメン専門店のようにしっかりした麺を使った方が美味いと思うのですが,意図は分かりません。トッピングの青梗菜がシャキシャキでした。辛さはほどほどです。

この店に入るなら別の料理を注文した方が良かったようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/16

神(ジン)

__富山市根塚町にある中華料理店「神(ジン)」でランチを食べました。事務所からはあまり遠くない場所にあるのですが,ひさしぶりになります。あっさりした味の(創作)中華料理が食べられる店です。

今回は「週替わりランチB」(950円)を注文しました。メインは「芝海老のクリーム煮」です。海老,空心菜,しめじ,エリンギなど入っています。クリーミーですがしつこくなく美味でした。デザートの杏仁豆腐も好きな味です。見た目からすると少し値段が高いのですが(中華ランチのがっつり感はない),味は満足できる内容でした。

【ラーメン】

P1020485同じ店で「神特製担々麺」(880円)を食べました。濃厚でクリーミーなスープに見えますが,実際にはかなり薄味でした。この店の料理は全般的に薄味だと思いますが,この担々麺のスープは限界ギリギリの薄さでした。ヘルシーと言えばそうなのでしょうが,自分の期待とはかなり外れた味です。再度の注文はないと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/14

めん家

P1030466富山市新根塚町にある「めん家」でラーメンを食べました。今回は,先日のラーメンフェスタでこの店が提供していた「焦がししょうゆラーメン」(730円)を注文しました。

スープは確かに焦がした醤油の味がしますが,だから何?という感じではあります。スープに溶かすと香ばしさはなくなるのですね。マー油は醤油味のスープにはあまり合いません。やはり豚骨スープに入れてこそ,味も香りもひきたちますね。

麺は,少し細めの縮れ麺です。トッピングの角切りチャーシューは炙ってあります。脂身のほとんどないチャーシューですので,ただ焦げただけです。そのほか,ワンタン,ねぎなどがのっています。

塩ラーメンなど普通のラーメンを注文すればよかったと後悔しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/11

ちゃるめらぐっぴー&DOG HOUSE

P1030450番外編ですが,総曲輪のグランドプラザで5月11,12日開催の富山ラーメンフェスタ2013で,ちゃるめらぐっぴー&DOG HOUSEの2店舗コラボの濃厚鶏白湯ラーメン(600円)を食べてきました。

相当な客の行列で,30分は優に待たされました(私が食べたときは,この店の行列が一番長かった)。スープは本当に濃厚で,ポタージュのような食感です。豚肉のチャーシューに代わって,ジューシーな鶏肉がのっています。麺は細めのストレート麺です。

湯切りが不十分な点など企画モノならではの弱点はありますが,待たずに食べられるのならまた食べてみたい一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/09

茶藝庭(ちゃげいてい)

P1020428富山市二口町にある「茶藝庭」でラーメンを食べました。最近よく見かける「台湾料理店」とは一線を画する本格的な店です(ただ,値段はリーズナブル)。

今回は「坦々麺」(830円)を食べました。よくあるクリーミーなタイプのスープではありません。澄んだ鶏がらスープに少しモチっとした麺です。「激辛」とまではいきませんが,結構辛口でした。味も,中華料理テイストの香辛料が入っています。和風のおとなしい坦々麺に飽きた人に食べてもらいたいラーメンですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/08

九頭龍 有沢店

P1020422P1020420富山市有沢にある「九頭龍 有沢店」でラーメンを食べました。石金本店の閉店間際に行ったときに,とんでもない品を食べさせられて以降,「九頭龍」は敬遠していました。

その後,上飯野と山室に「九頭龍」が開店し,この店は3店目です。今回の有沢店は山室の店の系列のようです。この店の関係者と思われる方のブログがあります。店の隣のぽかぽかランドやラブホテルなど手広く事業を展開している会社がこの店を運営しているようです。

ラーメン(600円)の方は,スープが塩辛くコクが不足気味ですが,閉店間際の石金本店の品と比べればよほどましでした。ただ,あのときのラーメン(スープが異常にぬるく,麺はふやけてフニャフニャ。絶対に客に出してはいけないラーメンでした)の印象が強すぎて。やはり「九頭龍」というとあのラーメンなんですね,残念ながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/05/01

スガキヤ グリーンモール山室店

P1020411グリーンモール山室の1階にある「スガキヤ グリーンモール山室店」でラーメンを食べました。写真はラーメン(290円)です。

とうとうスガキヤが富山市に戻ってきました。500円だったら多分食べないだろうなと思う一方で,名古屋に出張した際に名古屋駅近くには旨い店がたくさんあるのに駅ビルにあるスガキヤに寄ってしまう(高岡のイオンモールに出店する前ですが)という不思議なラーメンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/11

スガキヤ

「スガキヤ」が富山市内に復活します。「スガキヤ グリーンモール山室店」が4月26日(金)に開店するようです。店舗情報の詳細は以下のサイトで。

http://www.sugakico.co.jp/news/entry-710.html

なつかしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/08

DOG HOUSE

P1040247富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。左は、新メニューの「濃厚タンメン」(780円、平日限定)です。スープは塩味です。通常の白湯スープに豆乳?を入れたものでしょう。通常のスープ以上にクリーミーな味になっていました。スープに太めの縮れ麺が良くからみます。野菜たっぷりで、見た目はヘルシーな一品でした。

P1040246こちらは別の日に食べた「つけ麺」(780円)です。メンマ増し(100円)にしたら、別皿に盛ったメンマが付いてきました。コシのあるつるつる麺に、濃厚で熱々の白湯つけ汁で、いつもながら美味い一品でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/04/01

一風堂 富山店

P1020206P1020207富山市二口町にある「一風堂 富山店」でラーメンを食べました。今回は季節限定商品の「鶏豚(トリトン)メン」を注文しました。

スープは、通常の豚骨スープに鶏白湯スープをブレンドしたそうです。豚骨スープのとがった味がまろやかになっています。ただ、豚骨だけでまろやかなスープとは違って、旨みはあまり感じませんでした。

麺は、通常の極細ストレート麺とは違い、全粒粉を使った平打ち中細麺です。つぶつぶが多いですね。全粒粉は、通常の小麦粉と比べて栄養価が高いそうですが、味に関してはマイナスという感じがします。

やわらかな鶏しんじょ、香ばしい揚げ玉、きゃべつなど、トッピングはめずらしくて面白いと思います。

全体として、あまり成功していないような印象を受けました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/28

P1020100富山市本郷町にある「」でラーメンを食べました。「はづき」に行く途中で見かけたので、ひさしぶりに行ってみました。

まだ寒い日だったので、「味噌ラーメン」(700円)を注文しました。写真は味玉(100円)が入っています。

コクがありそうなスープの色ですが、残念ながら塩辛すぎてコクを味わうことができませんでした。リンク先の投稿を見ると「薄味」の注文もできるようなので、それをお願いした方がよかったかもしれません。

トッピングはチャーシュー2枚など標準的な品です。煮玉子は黄身トロトロのタイプですので、好みが分かれるでしょう。

ちなみに、隣に来た客が「この店のお勧めは?」と聞いたところ、店主は「醤油」と答えていました。醤油以外を注文した客が居る前では、答え方を工夫した方が良いのではないかと思いました(「どれも美味しいと思いますが、この店が初めてでしたら、まずは醤油からいかがですか」など)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/18

ちゃるめらぐっぴー

P1020102_2P1020103富山市上飯野にある「ちゃるめらぐっぴー」でラーメンを食べました。なんとなく時間どおりに営業していないというイメージのある店で、この日も開店していなかったら別の店に行こうと思っていたのですが、運良く店は開いていました。

今回注文したのは「スパイシー」(780円)という品です。基本はカレー味ですが、様々な香料や、鶏肉、炒めたじゃがいも、パプリカ、にんにくチップなどの多種類の具材が入っています。食べて実体験していただくしかない一品です。ちょっとピリ辛なので、辛いものが苦手な人はパスした方が良いかもしれません。

この値段にしては、手の込んだ品であることは疑いありません。ただ、リピートしたいかどうかは評価の分かれるところでしょう。私は、多分、次回は無難な醤油か塩にすると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/06

松任製麺 掛尾店

P1010944P1010943P1010942富山市掛尾町にある「松任製麺 掛尾店」でラーメンを食べました。「地鶏つけめん(中盛)」(800円)を注文しました。

前回食べたときは、とにかくつけ汁が薄味だったのであきれました。今回は、改善されていないかの確認です。

今回のつけ汁は、前回と比べると、かなり濃くなっていました。前回食べたときは、普通の汁ラーメンと同じスープを使っていたのが、今回は、つけ麺用の濃いスープを使っているようです。前回のやり方が無茶で、今回は通常の製法になったということでしょうか。

麺は、つけめんとしては細めで、全粒粉を使った麺です。コシがあってなかなか良かったと思います。チャーシューもサイズが大きくなったようです。

つけ汁がすぐに温くなること、麺が細めであることなど、自分にとっての難点はありますが、さっぱりめのスープのつけ麺を食べたいという人を連れて来ても文句は言われないレベルの品になったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/03/05

らーめん花月嵐

P1010927P1010928ラーメン花月嵐」でラーメンを食べました。今回食べたのは,企画モノのラーメン「牛肉麺(ニューローメン)天晶」(780円)です。

ニューローメンは台湾発祥の麺料理だそうです。麺は平打ち麺。スープは,八角の風味が効いて,結構,中華風の味でした。肉は牛カルビ肉で,牛丼の肉と同じ感じです。トッピングにパクチーが添えられているなど,全体として通常のラーメンとは違うテイストですが,ちょっと変わったものを食べられたという点では良かったと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/27

虎矢

P1010889富山市新根塚町にある「虎矢」でラーメンを食べました。事務所のすぐ近くにある店です。かなり前には結構通っていたのですが,数年前からまったく行かなくなりました。その理由も忘れてしまったので,今回確認のため店に入り,「中虎」(650円)を食べてみました。

一口食べて理由が分かりました。スープが塩辛すぎます。「万里」,「めん八」などのブラックラーメンのスープは塩辛くてもコクがあってそれなりの美味さを感じますが,「虎矢」の中虎のスープは塩辛いだけです。麺も自分の好みではありませんでした。これでは,ある程度食べなれた段階で行かなくなったのも納得です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/24

ワンフー グリーンモール山室店

P1010859P1010861富山市山室にある「ワンフー グリーンモール山室店」でラーメンを食べました。寒い日は味噌ラーメン,ということで,「炙り叉焼味噌ラーメン 黒マー油仕立て」(780円)を注文しました。

結構濃厚な味噌味のスープです。スープが濃い味なので,黒マー油の風味はあまり感じません。外が寒いと,濃いめのスープが美味しい。

トッピングは分厚いチャーシュー2枚,メンマ,糸とうがらし,もやしなど。チャーシューは,まとめて炙っているため,冷たくなっていました。

麺は細めです。自分は,味噌ラーメンには太麺が合うと思うので,少し残念でした。麺は,大盛りが無料,平日のランチタイムは特盛りも無料,とメニューに書いてありました(多分)。

カウンター席の目の前がオープンキッチンなので,色々なものが見えてしまいます。フロアーの担当者が食材に触れることは止めた方がよいのではないかと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/20

万里

P1010840富山市上冨居にある「万里」でラーメンを食べました。ラーメンの写真のはずなのに海苔しか写っていないのは「土佐丸」というオプションを付けたからです。ラーメンが800円,土佐丸は200円アップです。

「土佐丸」は,ラーメンの上に,花カツオと海苔をのせるものです。海苔の中央に切れ目があり,そこに箸を入れて麺をすくい出して食べます。麺,スープに花カツオがからみ,良い風味がしました。

今回,ひさしぶりに「万里」でラーメンを食べてみて,初めて悪くないな,という印象を受けました。平打ちの縮れ麺に,塩辛い濃厚スープ。前に何度か食べたときはスープにいやな酸味を感じたのですが,今回は感じませんでした。今回同行した人は「もう結構」という感想だったので,万人にお勧めできるラーメンではないと思いますが,深くはまる人がいるのも何となく納得できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/17

丸源ラーメン 掛尾店

P1010787P1010789_2P1010790富山市掛尾栄町にある「丸源ラーメン 掛尾店」でラーメンを食べました。この日は,前からのぼりが気になっていた「担々麺」(819円)を注文しました。黒胡麻で辛さの強いメニューもあるようですが,今回は普通の担々麺です。

一口スープを飲んでの感想は「薄い」。コクが足りない感じです。また,あまり辛くありません。麺は,細めのストレート麺です。

トッピングは,青梗菜,もやし,白髪ネギなど。肉は少なめ。チェーン店の品らしからぬコストパフォーマンスの悪さ。

「たまには担々麺」くらいの気持で注文したらそうでもないでしょうが,「担々麺を食べたい」ということで注文したら後悔すると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/02/04

DOG HOUSE

P1010672富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。味噌ラーメンを注文しようとしたら、2/4,5は開店1周年記念でラーメン(730円)が500円(通常150円増しの大盛りも同価格)という案内を受けました。そこで、ラーメン+特盛り(150円でチャーシュー1枚、煮玉子半分、メンマ半分増し)を注文しました。写真は、沈んでいる麺を見せた形で撮っています。太麺で濃厚スープ。私の一番好きなタイプのラーメンです。ただ、麺の食感を味わうなら、やはり、つけ麺ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/26

つくし

P1010560P1010561富山市太郎丸本町にある「つくし」でラーメンを食べました。寒い時期は味噌ラーメンが美味い。ということで、この店でも味噌ラーメン(750円)を注文しました。

店主は「すみれ」で修行されたそうですが、すみれのスープのガツンとしたコク味に比べると、さっぱりめです。前に食べたときより薄くなったような気がします(ただし、結構、塩辛い)。麺はツルツルした食感の多加水麺。「本家と比べると」という酷なことを言わなければ、普通に美味い味噌ラーメンだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/09

五衛門

P1010394P1010395P1010396

富山市安養寺にある「五衛門」でラーメンを食べました。自分はラーメン(普通盛,650円)+ミニチャーハン(250円アップ)を注文しました。

ラーメンのスープはあまりコクがないのに塩辛い。薄めにしてもらえばよかったと思います。麺は,思ったより細め。スープがさらさらなので,麺も細くしたのか。ネギの下に薄くスライスしたやわらかチャーシューが隠れています。自分にはちょっと合いませんが,はまる人はいそうですね。

チャーハンは油が多い。たまたまなのでしょうが,こちらも塩辛すぎました。「チャーハンが美味い」と聞いていたのですが,残念な品です。塩辛くなければ,ラーメン店のチャーハンとしては美味いのではないかと思われました。

なお,右の写真は,黒豚チャーシュー(1000円)を注文した人からチャーシュー1枚もらったものです。バラ肉チャーシューで脂分が多い。豚肉特有の臭みはあまり感じません。とろとろの食感ですので,脂好きの人なら美味しいのではないかと思われます。

これを美味いと感じる人がいることは確かでしょう。ただ,自分の年齢を考えると,どうせ不健康な料理を食べるのなら,別のものにしたいと思います。今回をもって,塩辛系のラーメンは卒業します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/03

DOG HOUSE

P1010361P1010360富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べました。味噌などメニューに追加されています。少し心がひかれましたが、結局、オーソドクスな「つけ麺」(780円)に「特入り」(150円、トッピング追加)としました。

今回は麺の調子が少しよろしくないようでしたが、許容範囲でした。濃厚で熱々のスープと、やわらかチャーシューなどのトッピングはいつもどおりの旨さでした。次回は味噌など試してみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/02

紅虎餃子房 ファボーレ富山店

P1010353ファボーレにある「紅虎餃子房 ファボーレ富山店」でラーメンを食べました。チャーハンがおいしい店ですが、今回は、年末年始、酒浸りになっていた胃に刺激を与えるため、辛い「黒胡麻担々麺」(880円)を注文してみました。

こってりしたスープはかなり辛い。これは期待どおりです。ただ、スープにコクがあるという記憶だったのですが、今回食べてみると、食感がこってりしているだけで、コク味はあまり感じませんでした。麺の量が少ないため割高感があります。やはり、チャーハンを注文すればよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/29

黄鶴楼

P1010345P1010347入善町青木にある「黄鶴楼」でラーメンを食べました。「草の子」でざるそばを食べた後、この店に来ました。注文したのは「担々麺」(700円)と「小籠包」(580円、いずれも税抜き)です。

「担々麺」の方は、ほどよい辛さで、とてもコクのあるスープです。ラーメン店の担々麺ではなく、中華料理の味です。小籠包は、肉汁の味がさっぱりしすぎかなと思いましたが、肉と肉汁のからみは良い感じでした。

「草の子」と「黄鶴楼」の連チャンは初めてでした。特に「黄鶴楼」の方は、国道8号線を田舎(失礼)に向かって走っているといきなり本格中華の店が現れるということで、何か不思議な感じがしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/26

めん家

PhotoPhoto_2Photo_3Photo_4

富山市新根塚町にある「めん家」でラーメンを食べました。今回は,レギュラーメニューではなく,「めん家」を含む富山のラーメン店の団体「富山麺遊会」が開発して「東京ラーメンショー2012」に出品した「富山シロエビらーめん」(800円)を食べてきました。

「富山シロエビらーめん」のオリジナルは「いろは」で提供しているようであり,今回食べたのは「めん家」でアレンジした品のようです。スープは,豚骨味に魚介(白えび)の風味が合わさり,しつこくない味で結構気に入りました。ただ,自分には少し塩味が強すぎる感じでした。トッピングはこの店の名物のとろとろチャーシューのほか,「シロエビラーメン」独自の昆布かまぼこ,とろろ昆布,昆布チップなど入っていて楽しめました。

ラーメン以外の品としては,150円のセット(煮たまご,サラダ,おにぎりなどの中から2品),ぎょうざ(7個で380円。小さめのサイズで,写真は4個食べた後に思い出して撮影)など注文しました。

オリジナルの塩ラーメンも好きな一品なので,また行ってみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/22

松任製麺 掛尾店

P1010254P1010253富山市掛尾町にある「松任製麺 掛尾店」でラーメンを食べました。前は「麺家いろは 掛尾店」でしたが、店名が変わりました。それに伴い、ラーメンも鶏白湯スープ一本になったようです。

今回は「地鶏白湯ラーメン」の並盛(680円)を注文しました。麺は細めのストレート麺、トッピングはチャーシュー2枚(鶏と豚を選択できる。豚がおすすめ)、太めのメンマ(ただし、食感・味は普通のメンマと同じ)、きくらげ、糸とうがらしなど。

スープを一口飲んで「薄い」と感じました。豚骨よりまろやかだが同時に力強い「DOG HOUSE」のスープの味など想像して注文すると、がっかりすると思います。麺は「自家製麺」とありますが、そもそも母体がそれなりの企業規模の会社なのですから、そこが製造した麺を「自家製麺」と言われても、「だからどうなんだ」という感じですね。スープと同様、弱い麺です。

横で他の客が食べていた「つけ麺」を見たら、私が注文したラーメンの麺より太麺でした。次に入るとしたらこちらを注文しますが、いつになることやら。

【追記】
P1010255P1010256「いつになることやら」と言っていたのですが、気になったのですぐに行ってきました。「濃厚地鶏つけめん」の「小(1玉)」(700円)を注文しました。

麺は中太のストレート麺で、茶色の粒が見えます。全粒粉を使っているのでしょう。適度のコシがあって、悪くありません。

ただ、つけ汁は、白湯のコクがあまり感じられません。これは、普通のラーメンと同じですね。しかも、温度が低めです。そのため、食べ始めてすぐに温くなってしまい、食べ進むのがきつくなりました。トッピングは、きくらげがないこと以外は基本的に普通のラーメンと同じです。つけ汁には背脂が浮いていました。

もっと濃い白湯が出せるようになってから店のメニューにした方がよかったのではないかと思われます。「富山ブラック」の方は富山県人からさんざん叩かれても県外で好評を得たようですが、こちらはどこで出しても「中途半端」と言われそうです。今回は「味のムラ」ということであってほしいものですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/12/20

四川乃華 富山二口店

P1040231P1040228P1040233富山市二口町にある「四川乃華 富山二口店」でラーメンを食べました。午前・午後と続く証人尋問の昼休みのランチなので、近所の店で軽くラーメンを食べることにしました。注文したのは「海老塩あんかけ麺」です。通常の定価はわからないのですが,「ラーメンフェア」ということで690円でした。

あんかけは,海老,チンゲン菜,白菜,竹の子,きくらげなど具だくさんです。麺は細めの縮れ麺。スープは薄味で,コクもひかえめでした。690円なので,特に不満はありません。

なお,隣の写真は,「唐揚げ定食」(720円)のメインです。向かいにいた人が注文した品で,唐揚げ5個とボリュームがありますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/29

俺の塩 壱徹

P1010116P1010113P1010114

富山市下堀にある「俺の塩 壱徹」でラーメンを食べました。店の場所は,前に「はねみ」があった所です。ネット上では,まだ情報が見つかりません。店にも営業時間や定休日の表示がありませんでした。

「はねみ」のときと同様,ラーメンのメニューはシンプルです。「並」と「大」しかありません。居酒屋メニューが多いようです。2人で行っのですが,先客が誰もいないのにカウンターに案内されました。混んできたら,テーブル席は相席になるのでしょうか。

ラーメンの並(650円)を注文しました。麺は細めです。スープは透明で,あっさりした塩味です。ただ,あっさりした中にも微妙な味わいがあり,悪くありません。普段はスープを残すのですが,この店では,結構な量を飲みました。

トッピングは,メンマ,小さな鶏肉1切,昆布かまぼこ1切,ねぎ,もやし,とろろ昆布少々など。また,バターの風味が加わっています。肉系のトッピングが少ないことが,ちょっと淋しい感じですね。おでんなどの一品料理を注文すればよいのかもしれませんが,ラーメンのトッピングそれ自体を増しにできると,ラーメンを食べに来た客にとってはありがたいと思います。

前に「山頭火」があった場所は,その後,何度か店の名前が変わり,この日,前を通りかかったら十割蕎麦の店(「晴れる家」,にぎわい横町で同じ名前の店を見ました)になっていました。塩ラーメン一本で勝負するのは大変かもしれませんが,頑張っていただきたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/11/04

ばたやん

P1000886富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べました。ひさしぶりです。開店以来,どんどんスープが薄くなっているように感じ,あまり行く気になりませんでした。今回,ラーメン(600円)を食べてみて,期待に違わぬスープの薄さでした。しゃばしゃばです。富山駅前店のスープが薄いと評判ですが,掛尾の方も同じ感じになっているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/31

赤ちょうちん

P1000860富山市桜町にある「赤ちょうちん」でラーメンを食べました。今年の5月にメニューをリニューアルしてとんこつラーメン専門になってようです。そのため,リンク先の食べログの記事は地図以外には使えません。

写真は「とんこつスペシャル」。夜は750円ですが,昼はライス付きで650円です。クーポン券できくらげが増量されています。普通のラーメン(夜は600円。昼は500円でライス付き)と比べると,チャーシュー1枚,煮玉子1個,海苔が増量されているようです。

トッピングが増えた関係か,スープが少し温めでした。味は,豚骨の割にさっぱりしており,臭みもあまり感じませんでした。麺は極細で,「普通」くらいの硬さです。「博多ラーメン」ということになっていますが,癖のない味で,悪く言うと特徴がないということになるかもしれません。私は,もっと濃い豚骨味が好みです。

専用駐車場がないため,CICの裏手の駐車場に車を止めると最低でも320円かかります。これを考えると,ラーメン1杯のために駅前の店に行くのは躊躇しますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/26

梅光軒(大和富山店・大北海道展)

P1000707大和富山店6階で開催している「大北海道展」の出店「梅光軒」でラーメンを食べました。旭川ラーメンの店です。ただ,本店のホームページでは全国各地のイベントでの出店はふれていませんので,「味は保証しません」という感じの企画かと思われます。

スープは動物系と魚介系のWスープで,意外にさっぱりとした味です。バランスのとれた味わいですので,塩分が気にならなければ飲み干せる感じでした。

細めの縮れ麺は,企画モノである関係か,ゆですぎでした。チャーシューは,企画モノだと変な風味がすることもありますが,これは普通の味でした。メンマは極太です。

800円と割高ですが,麺を抜きにすれば普通に旨いラーメンかと思われました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/22

天金(大和・北海道展)

P1000684P1000685

長らく放置状態でしたが,またぼちぼちと更新したいと思います。この写真は,大和富山店の「大北海道展」内の出店で食べた「天金」の醤油・塩ラーメンです。

旭川の店だそうで,醤油の方は「旭川ラーメン」の味でした。チラシによると,鶏骨・鶏ガラだけを2日間煮込んだスープだそうです。地元の店の味をどこまで再現してあるのかは不明ですが,醤油の方は,コクのある味のスープが細めの縮れ麺のによくからんで,なかなかの味でした。

塩の方は,あっさり目ですが,ほどよくコクのあるスープで,こちらも気に入りました。日頃,豚骨系の濃厚な味のラーメンばかり食べていると,このようなシンプルな品は逆に新鮮に感じました。醤油・塩ともに798円で,高めの値段設定ですが,企画モノということでやむを得ないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/10/01

DOG HOUSE

P1000483富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。つけ麺(780円)を注文する。トッピングとして「特入り」(150円,チャーシュー1枚,半玉子,メンマ増し)を追加した。

店員さんから普通の麺と太麺のどちらにするか聞かれた。前に,店の常連さんのラーメンサイトへの投稿を見て,太麺にできないか聞いたところ,事実上断られた。そこで,太麺は,常連さん限定のオプションかと思っていた。ところが,この日は,店員さんが皆に太麺にするか聞いていた。システムが変わったのだろうか。自分は,これまで太麺を食べたことがなかったので,ありがたく太麺をチョイスした。

店員さんは「うどんのような麺です」と言っていた。確かに太い麺だ。しかも,硬ゆでである。必死に噛んでいるうちに,誤って舌を噛んでしまった。

鶏白湯のつけ汁は,濃厚である。うどんのような太麺に負けていない。前回はぬるかったが,今回は熱々であった。とんこつ並みの濃厚さに,とんこつにないまろやかさが加わって,とても旨い。今回の太麺も特徴があって良いのだが,やはり,普通の麺がこのつけ汁に一番合っていると思う。

トッピングは,やわらかチャーシューに,太メンマ。奇をてらった特徴があるわけではないのだが,完成度の高いつけ麺だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/22

DOG HOUSE

P1000383P1000384富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。テーブルの上の札に「肉そば 780円」と書いてあったので,これを注文してみた。なお,前に来たときにあった「担々麺」はなくなっていた。たまに入れ替える特別メニューなのだろうか。

麺の上に,豚肉とたまねぎの炒め物がのっている。肉の量は結構多い。しっかりとした味付けがされており,これだけでご飯のおかずになる品だ。スープは,この店の普通のラーメンのスープで感じる魚介系の風味がなくなり,シンプルな鶏白湯の味になっている。麺は,通常の中太麺とは違う細麺で,硬めに煮てある。正直なところ,ラーメンに豚肉の炒め物を合わせる意味がよく分からないのだが(炒め物のタレがスープに混じじってしまう。別々に食べた方が旨いと思う。),それぞれの味は良いので,価格を考えるとお買い得の一品といえよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/16

醤(じゃん)

P1000315富山市中川原にある「醤(じゃん)」でラーメンを食べた。前に食べた担々麺が非常に美味しかった記憶があったので,今回も「担々麺」(830円)と半チャーハン(315円)を注文した。

カウンター席から見ていると,テーブルの上に半チャーハンが盛られた丼が放置されている。悪い予感はしていたが,やはりそれが自分の前に運ばれて来た。表面が既にぬるくなっている。いきなりババをつかまされた感じである。もっとも,中華スープの素で作ったような品だったので,注文したこと自体が間違いだったのだろう。

担々麺の方は,ひさしぶりに食べてみると,スープにコクのある旨みが感じられなくなっていた。これだと変にゴマ味のきついスープである。それに,「担々麺」なのにまったく辛くない。この味の劣化はたまたまなのだろうか,それとも基本的な変化なのだろうか。ともあれ,他人に勧める前に自分で食べてみておいて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/09

とんまる

P1000240富山市太郎丸本町にある「とんまる」でラーメンを食べた。休みの日には遠慮なくニンニクの効いたラーメンを食べられる。今回も「とんこつラーメン」(650円)の黒(黒マー油)を太麺で注文する。

今回は,前からいた女性ではなく,その父親(オーナー)がラーメンを作っていた。私の隣に座っていたなじみ客と店主の会話を漏れ聞くところによると,娘さんは体調不良らしい(ネットには書けないが,かなり具体的な話をしておられた)。復帰を願いたいところだ。

今回のラーメンは,前と違い熱々であった。スープはやや薄めである。太麺は固ゆで。スープがもう少し濃厚だともっと嬉しいのだが,それでも,ジャンクな旨さは十分満喫できた。

【追記】

店を切り盛りしていた方(赤鍋屋の店主の娘さん)の体調が思わしくないようで,店は休業状態になっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/09/02

DOG HOUSE

P1000132富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。定番のつけ麺(780円)+トッピング(150円、チャーシュー1枚、煮玉子半分、メンマ増し)を注文する。

いつもはつゆが熱々なのだが、今回はぬるい。途中でつゆが冷えるのは仕方がないし、ある意味、味の変化を楽しめるのだが、最初からこれだけぬるいとかなりきつい。店としての変化なのか、たまたまなのかは判断がつかない。単なる一時的な変調ということであってほしいものだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/23

DOG HOUSE

P1000064P1000063

富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。リンク先のラーメンサイトで高評価の「鶏ととうもろこしの冷たいらぁめん」(800円)を食べてきた(平日限定,数量限定)。

ラーメンというよりも冷製スープパスタという感じの品である。くわしくはリンク先のラーメンマニアの方々の紹介を見ていただきたい。傑作冷やしラーメンであることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/16

とんまる

P1000035富山市太郎丸本町にある「とんまる」でラーメンを食べた。今回は気になっていた「つけ麺」(800円)を食べてみた。こちらも,麺の太さ,ラー油,辛味噌の投入の有無を選択できる。写真は固ゆで玉子がない状態である。トッピングを忘れたということで,後で追加された。

結論から言うと,つけ麺の選択は失敗であった。最大の難点はつけ汁が熱々でないことである。これは,前回にスープのラーメンを食べたときにも感じたのだが,つけ麺だと冷や麺をつゆにひたすため,難点がきわだってしまう。最初から熱々でないつけ汁が,食べ進むうちにかなりぬるくなってしまった。この店ではスープを小分けして鍋で温めているが,スープが加熱されるタイミングと麺がゆで上がるタイミングを合わせるのが難しいのだろうか。

つけ汁の味は基本的にはスープのラーメンと同じだが,どうもこの味はつけ麺には向いていないようだ。こってり味だとなんでもつけ麺に転換できるということではないのだろう。また,麺は水でしめているが,あまり食感の違いが感じられなかった。

なんでも麺とスープを分ければ良いということでもないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/14

とんまる

P1000022_2P1000023_2P1000021

富山市太郎丸本町にある「とんまる」でラーメンを食べた。今回は「黒もつ煮とんこつラーメン」(980円)を注文する。太麺と細麺が選べるのだが,今回は細麺をチョイスした。ライス,チャーハン,生玉子が無料で提供されている。

細麺はやわらかく煮てある。前回は太麺をチョイスしたが,このこってりしたスープには太麺の方が合っていると思う。スープは鍋で加熱しているが,加熱時間が短かったためか少しぬるかった。こってりスープがぬるいときついので,これは改善の余地があろう。

これだけ濃い味のスープはこの店でしか味わえない。こってり好きにはたまらない品かと思われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/30

らあめん花月嵐 黒瀬北町店

P1010694富山市黒瀬北町にある「らあめん花月嵐 黒瀬北町店」でラーメンを食べた。自分はめったに利用しないチェーン店なのだが、期間限定で「なんでんかんでん」のラーメンを出しているので食べてみた。

20数年前、東京に住んでいるとき一度だけ食べたことがある。店内は豚骨臭が充満しており、そこでドロドロのスープに浮かんだ極細麺を食べたときには軽いカルチュア・ショックを感じたものだ。

スープはビニール袋に入っており、店では麺をゆでるだけ。運ばれてきたお盆には、ラーメンのほか紅生姜、辛い高菜、白ごま、替え玉用のタレなどのっている。スープは豚骨臭が強くドロドロで、味の記憶が少しよみがえった。豚骨ラーメンの店が増えた今となってはこのラーメン自体の希少価値はあまりないが、この癖の強いラーメンで東京に殴り込んだ開拓者としての価値はいささかも薄れることはないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/27

らーめん 岩本屋 富山二口店

P1010678P1010682

富山市二口町にある「らーめん 岩本屋 富山二口店」でラーメンを食べた。店内の貼り紙に「期間限定 まぜそば」とあり,期間限定に弱い自分はさっそく注文してみた(780円)。

左が出てきた状態。チャーシュー,温泉卵,もやし,ニンニク,粉チーズなどトッピングされている。右はまぜた状態。

致命的なのことは麺が平太で弱々しいこと。チェーン店特有の発想で,ゆで時間を短くするため平たい麺にしたのだろう。タレの味はまずくないが,歯ごたえの乏しいぐちゃぐちゃになった麺を食べるのは少ししんどかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/21

とんまる

P1010655P1010651


富山市太郎丸本町にある「赤鍋屋」併設のラーメン店「とんまる」でラーメンを食べた。まだ,ネット上には店舗情報があまり載っていない。にぎわい横町にあった「富山ホワイト」の「とんまる」と同じ店名で,経営者は同じだが,ラーメンの内容は変わっているようだ。

今回は,とんこつラーメン(650円)の黒を注文した。麺は細と太が選べるので,太とする。非常に濃厚なスープに歯ごたえのある中太麺。ニンニクのパンチが良くきいている。食後に人と会う予定がある時に食べるのは少しはばかられるが,クォリティーは「富山ホワイト」より一段アップしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/16

DOG HOUSE

P1010630富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。ひさしぶりにこの店の「つけ麺」(780円)を食べたら、やたらとつけ汁が塩辛かった。蕎麦だったら、つゆが塩辛いときはちょこっとつけて食べればよいのだが、つけ麺だと汁をからめないで麺だけを食べるわけにはいかないので、この塩辛さはきつい。夜の部に行くと味が落ちているように感じるのは、スープの劣化が原因なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/07/01

ばたやん

P1010565_2P1010564_2富山市掛尾町にある「ばたやん」でラーメンを食べた。いわゆる「博多ラーメン」の店なのだが、つけ麺のメニューがあったので、それを注文してみた。並盛り(800円、麺200g)である。

周りは、皆、通常の博多ラーメンを注文した客ばかりである。待つ間にどんどん取り残される感じだ。ようやく出てきた品を見ると、他店のつけ麺より麺が細めであることをのぞけば、通常の外観である。トッピングは、チャーシュー1枚、極太メンマ数本、うずらの卵1個など。つけ汁は豚骨醤油に魚粉が入っている。

麺はやわらかめで歯ごたえが不足している。つけ汁は塩辛い。ごくありきたりのつけ麺で、不味くはないが、店の特徴はない。はやりなので出してみました、という感じの品である。高めの価格設定であるし、何よりもこの博多ラーメンの店で、つけ麺はやはり不自然だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/06/04

富山らぅめん

P1010353富山市向新庄にある「富山らぅめん」でラーメンを食べた。リンク先では店関係者のやらせ?投稿疑惑が持ち上がっている。事実のような気もするが,まあ,ご愛敬といったところか。

醤油ラーメンの大盛(700円)を注文する。スープは鶏がらと鶏白湯を選べる。前回は鶏がらを食べたので,今回は鶏白湯にしてみる。

加水率が高めの細麺である。スープは,豚骨ほど濃厚ではないが,それなりのコクがある。鶏白湯と言われなければ,薄めでやわらかめの豚骨味と思うかもしれない。豚骨のようにクセになる味ではないが,なかなか味わい深い。トッピングは鶏チャーシュー3枚,青梗菜,メンマなど。大盛にしたので,麺はかなり多めである。味が単調なので,途中で少し飽きてきた。

こってりした豚骨スープが重たいと感じるようになった自分にとってはちょうど良いスープである。通いたくなるような中毒性はないが,たまに行ってみてもよいかもしれない。ただ,店主さんのブログでは経営危機を訴えていたので,店の先行きが心配ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/26

らーめんダイニング だんらん

P1010223P1010224 富山市下堀にある「らーめんダイニング だんらん」でラーメンを食べた。前に「山頭火」があった場所にある店で,「山頭火」の後に別の看板が上がり,今回,また看板が変わった。基本は水曜日が定休日らしいが,店の前に貼ってある定休日の貼り紙を見ると水曜日以外の日が休みになっていることもあるようで,注意が必要だろう(電話で確認した方が無難である)。

夜の営業時間に行ったら,メニューは居酒屋の品が中心になっており,ラーメンは最後の方に掲載されていた。今回は「とんこつらーめん(マー油入り)」(650円)を注文した。

スープは博多とんこつ風で,熱々のときは少し薄めに感じたが,少し冷めるとちょうど良い具合になった。麺は,ごく細麺ではなく,普通の細めの縮れ麺である。スープがさらさらしているため,麺とのからみは今ひとつである。マー油は香ばしい。

トッピングは,豚ばら肉チャーシュー3枚,メンマなど。チャーシューの枚数が多いので間違ってチャーシューメンの注文が入ったのかと危惧したが,会計で「650円です」と言われ安心した。

丁寧なつくりと良心的な価格。麺とスープが若干アンバランスという感じはするが,一度食べてみる価値はあると思われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/24

一風堂 富山店

P1010212 富山市二口町にある「一風堂 富山店」でラーメンを食べた。ひさしぶりに豚骨補給ということで,この店に行ってみた。夜の早い時間だったので客は自分以外にもう一人のみ。「赤丸新味」(780円)を注文する。

注文からほどなくして品が出てきたが,スープを一口すすってびっくり。「不味い! 不味すぎる。」。ぬるくて,しかもコクを感じないスープである。豚骨のコクを感じないのはただぬるいから? それともスープが劣化している??

原因は良く分からないが,これはあり得ない味のスープである。自分は最近この店に行かなくなったので,知人に餃子や替え玉のクーポン券をあげたのだが,あとで恨まれることにならないか心配になってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/20

四つ星

P1010184 富山市任海にあるラーメン店「四つ星」でラーメンを食べた。初めての店のなので通常のラーメン(680円)を注文する。昼の遅い時間に行ったため,火を落としてしまったということで相当な時間待たされた。ただ,これは遅い時間に自分の責任であろうから気にしないことにした。

出てきたラーメンは濁った色のスープである。一口すすって,瞬時に自分にはダメと感じた。不味いとか美味いとか言う前に,自分に合わないスープとすぐに実感した。。麺は中太縮れ麺で,ゴワゴワした食感である。トッピングは,薄くスライスしたチャーシュー2枚,味の薄い煮玉子半分,メンマなど。

悲しいことに,歳をとると無理な品が増えてくる。これもその一つだろう。店主はそれなりのお歳の方のようなので,若い客の嗜好に合わせて頑張っておられると妙に感心する。不味いと言うつもりはない。ただ,自分には無理な品ということで,トッピングと麺半分くらいを食べて,店を出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/19

富山らぅめん

富山市向新庄にある「富山らぅめん」でラーメンを食べた。店主さんのブログには経営的なことが書いてある。経営者の店主さんがこのような赤裸々なことをブログで公表しているのには驚くが,自分も自営業者なので応援してあげたくなった。そこで,先日店に行ったのだがあいにく開店していなかったので,再度行ってみた。

客は自分一人だけと少しさびしい状況である。アルコール類を注文して支援したいところだが,あいにく車を運転しているためそれはできず,ラーメンのみを注文する。注文したのは「スープ白湯カリーラーメン」(870円)である。

P1010181 しっかりしたカレー味のスープに,細めのラーメン麺が合わさり,これにジャガイモ,かぼちゃなどの野菜の素揚げ,鶏そぼろ,細切りメンマなどがトッピングされている。どちらがメインかということになれば,カレー風味のラーメンというよりは,スープカレーのご飯がラーメンの麺になった感じである。これはこれで旨い。自分のお腹の具合が良くなかったのでできなかったのだが,ご飯を注文しておじや風にして食べたら美味しいのではないかと思われた。

チェーン店がはびこる中で,この店のように店主の志が感じられる店は貴重である。がんばっていただきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/16

ひさちゃん

6 高岡市大野にある「ひさちゃん」でラーメンを食べた。ひさしぶりに入る店である。今回は,以前になかったメニューである「つけめん」(小・麺1玉,700円)を注文した。この店は,製麺用の小麦粉を日清製粉の「傾奇者(かぶきもの)」に変更したそうだ。店内に小麦粉の説明が貼ってある。この小麦粉を宣伝の前面に押し出しているところは「とみぃず’きっちん」に似ている。

出てきたのは透明感のある中太麺で,モチモチした食感である。「とみぃず’きっちん」のごわごわした麺とは違い,この店の麺は自分の嗜好に合っている。多分,大多数の人はこちらの方を好むのではないかと思われる。これが太麺になれば,もっと麺の食感を楽しめるつけ麺になるだろう。個人的には惜しいところである。

つけだれは,少し甘めでさっぱりした味である。中太麺に合わせたためか,他の店のつけ麺のつけだれのような濃厚さはない。つけだれには,あぶりチャーシューなど入っている。

結論的に言えば,期待した以上の味であった。特に麺については,小麦粉を選ぶとこれだけ変わるのかと少々びっくりした次第である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/07

一鶴

P1010122富山市中島にある「一鶴」でラーメンを食べた。平日の昼に行ったら,開店前から店の前に客が待っており,開店後10分間くらいで満席になった。連休にはさまれた平日だからだろうか。

「つけ麺」(750円)を注文する。前回,麺が多すぎて完食するのに苦労したので,今回は麺少なめで注文する。麺の量を減らす代わりに煮玉子がついてくる。

最初に麺をつけ汁につけずに食べたら,少しかんすい?臭さを感じた。もっとも,つけ汁と一緒に食べる分にはさほど気にならない。今回は客が多すぎるためか(しかも,最初のうちは奥さんがおらず,店主が一人でさばいていた),つけ汁がぬるかった。分厚いチャーシューについては,今回は豚肉臭さが目立たなかった。

工場生産の品ではないので,色々な面で調子の波があるのはやむを得ないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/05/04

とみぃず’きっちん

P1010124 富山市本郷西部(国道八号線の「本郷西」交差点の角のサービスエリア内)にある「とみぃず’きっちん」でラーメンを食べた。今回も「つけ麺」(780円)を注文した。

前回食べたときは,極太縮れ麺のゴワゴワした食感にいささか辟易した。しかし,今回の麺は前に比べるとツルツルとしており,あまり違和感なく食べられた。日によって麺の出来も変わるのだろう(どちらの方が店側の本来のねらいなのかは不明である)。

つけ汁の方は「ベジポタ」ということでドロドロである。今回はつんと酸っぱい臭いがした。トッピングは,とろとろのチャーシューと歯ごたえのあるメンマ。

今回のつけ麺であれば,極太麺好きの人を連れてきても,気に入られるかどうかは別として,怒られることはなさそうだ。ともあれ,富山では他の店で食べられない個性的な一品ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

えびすこ

P1010105 P1010106_2富山市上袋にある「えびすこ」でラーメンを食べた。券売機で「つけめん」(700円)のチケットを購入する。麺を大盛,特盛にしても値段は同じなのだが,自分の歳を考えて普通盛にした。これでも十分な量である。

つけ汁は魚介豚骨。量はたっぷりある。中に角切りチャーシュー,メンマ,なるとなどが入っている。具の量は少なめである。

IHヒーターでつけ汁を沸騰させ,その後は保温するシステムになっている。IHヒーターの高さの分だけつけ汁の容器が高い位置になるため,食べにくくなる。また,つけ汁を沸騰させると中のチャーシューの温度も上がるので,うかつに食べると口内をやけどしてしまう。個人的には,IHは不要な道具である。

つけ汁は塩辛い。麺を食べた後にスープ割りを入れて飲んでみると,だし味は薄い。チャーシューは非常に塩辛い。つけ汁はまだしも,具をここまで塩辛くする意味は不明である。

麺は,もちもち感とつるつる感がほどよく合わさった感じで,これは旨い。つけ汁ぬきで食べても美味しい麺である。

つけ汁と具については不満が残るが,それを差し引いても,麺の旨さがあるため充分に満足できるつけ麺である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/26

小矢部ホワイトラーメン

P1010062この日は,名古屋高等裁判所金沢支部での裁判に出頭した際に高速道路の小矢部SAに立ち寄った。そこで,そのSAの食堂で食べたのがこの「小矢部ホワイトラーメン」(650円)である。

さる新聞報道によると,①白いとんこつスープ,②肉みそ,③小矢部産の食材を一つ以上使用,というゆるい条件を満たせば「小矢部ホワイトラーメン」と名のれるそうだ。平成24年4月18日現在,小矢部市内と市内企業2社の社員食堂(!)で提供されているとのことである。

今回,小矢部SAで食べた品は,①と②の条件は確かに満たしているが,③については不明である。多分,ゆで玉子かチャーシューが地元産の材料でできているのだろう。

SAという場所がら観光地価格になることは理解できる。ただ,この点を差し引いても,このラーメンに値段(650円)相応の価値はないように思えた。出てきた時点でスープがぬるく,とても完食する気が起きない。肉みそをスープに溶かしてもほとんど味の変化はない。既製品の麺とスープを使用したごく普通のSAの豚骨ラーメンである。

この程度の品すら「小矢部ホワイトラーメン」と名のれるということになると,この名称自体の意味がほとんどなくなる気がするのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/25

DOG HOUSE

P1010080P1010063_2 富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。写真はいずれも「つけ麺」(ひやもり,780円)にトッピングを追加した品である。

濃厚だが豚骨よりもさっぱりした鶏白湯のつけ汁とコシのある中太麺。かなり中毒性の高い品である。つけ汁の量がたっぷり・熱々で出てくるため,「ひやもり」でも食べ終わるまで冷めないところがまたすばらしい。

なお,自分はつけ麺を「あつもり」で食べたことはない。さる店の店主が「あつもりのつけ麺はつけ麺ではない」と言っていたが,至極もっともである。あつもりのつけ麺は,正確には「分け麺」(ラーメンを麺と汁に分けたもの)と言うべきであろう。麺料理としての「つけ麺」は水でしめた麺の食感を味わえるところが「ラーメン」との一番の違いなのだが,あつもりにしたらそれがなくなる。したがって,あつもりにすることは,つけ麺としての存在意味を否定するに等しい行為と思われるのだが,いかがなものだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/16

とみぃ’ず きっちん。

P1010021 P1010022 P1010020

富山市本郷西部にある「とみぃ’ず きっちん。」でラーメンを食べた。国道八号線の「本郷西」交差点角のパーキングエリア内にある店である。パーキングエリアの食堂ということでラーメン以外にもカレー,うどんなど多彩なメニューがある。この種の場所にある店(失礼)がこだわりのつけ麺を提供していることに,まずは意表を突かれる。この日は,つけ麺(790円)+煮玉子(100円)を注文した。

富山で初めての「ベジポタ系」(ペースト状の野菜をつけ汁に加えている)のつけ麺だそうだ。たしかに,つけ汁はドロドロである。味は普通の魚介豚骨で,あっさり目である。高岡市のイオン内にある「徳」ほどではないが,つけ汁の量は少なめで,麺を食べ終わるころにちょうどなくなった。

麺は極太。日清製粉製造のつけ麺専用の小麦「傾奇者(かぶきもの)」を使用しているそうだ(配膳口のカウンターの下に小麦の袋が飾ってある)。麺の食感は,加水率が低いためかゴワゴワしている。つけ汁がドロドロなので麺に良くからむ。ただ,このゴワゴワの食感は麺料理としては微妙な感じだ。

トロトロのの炙りチャーシューと太めのメンマが別皿で付いてくる。煮玉子は,黄身トロトロのタイプである。

極太・ゴワゴワの麺のインパクトが強いつけ麺である。これを是とするか否とするかは個人の好みだろう。とにかく個性的な一品であることは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/14

まるかん

P1010018_2高岡市の二上山の中腹の「カントリーレストハウス二上」の建物で夜に営業している「まるかん」でつけ麺を食べた。冬は道路が閉鎖されるため休業していたが,このほど営業を再開したので,さっそく行ってみた。

「特製つけ麺」(1080円)を注文する。角の立ったコシのある太麺に、少し甘めのつけ汁。トッピング(チャーシュー,煮豚,水餃子,野菜,ねぎなど)は別皿に盛って出てくる。

「つけ麺」の独自性にこだわった作りで,「ラーメンもつけ麺も」という店の品とは一線を画している。店主のブログには,今年からは常連さんとその口コミを頼りに営業していく方針で,宣伝媒体への露出はしない,という趣旨の文章が書かれている。なかなか勇気の要る発言である。

このような良い意味での「頑固」な店が富山に存在することは頼もしい。長く営業して独自の進化を遂げていってもらいたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/12

翠月

P1010010富山市東老田にある「翠月」でラーメンを食べた。「しおねぎ」を注文することが多いのだが,今回は「しょうゆ」を食べてみた。

ひさしぶりに「全部のせ」(1180円)を注文する。トッピングは,チャーシュー2種,ワンタン,煮玉子,極太メンマ,海苔など。チャーシューはバラ肉とロース肉の2種だと思うが,普通,ロースの方は脂身控えめなのに,この店のロースは脂身が多いので,バラ肉とあまり違わない。ワンタンはしっかりした食感。煮玉子は黄身がトロトロすぎる。

無化調・無添加がウリの店である。スープは昔風の素朴な醤油味。麺は細めで,醤油味のスープに合わせるには少し弱々しい。自分は無化調(化学調味料不使用)に価値を見いださない人間なので,インパクトが薄いという印象しかしない。ベースの醤油ラーメン自体が780円と高めだが,それに400円アップでこの品となると,ずいぶん割高という気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/05

DOG HOUSE

P1000916 P1000918 P1000917 P1000914 P1000915

富山市高屋敷にある「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。今回は,テーブルの上のふだに書いてあるメニューである「どっぐそば」(お試し価格700円)を注文した。

いわゆる「まぜそば」である。見た目のボリュームがすごい。チャーシュー,メンマ,かつお節,玉子の黄身,きざみ玉ねぎ,野菜(キャベツ,もやしなど)が山盛りになっている。ちなみに現物は「野菜増し」である。

丼の中の物体は粘性があってとてもかきまぜにくい。やっとのことでかきまぜたら,底から極太麺が現れた。ジャンク感てんこ盛りである。味は,旨いとは言いがたい。というか,味わう余裕がない。とにかくがんばって完食した。

「どっぐそば」の正体を知らなかったので,ランチ時150円のチャーシューご飯(小)をあわせて注文した。これはとても食べきれなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/01

吉平

P1000874 P1000875 P1000872

富山市悪王寺にある「吉平」でラーメンを食べた。「醤油新味鰹」(800円)を注文する。もともとメニューにあった「温つけ麺」をラーメン化したものだそうだ。元のつけ麺と同じ麺を使っているためか,麺の量はラーメンとしては大盛の200gである。

普通の醤油ラーメンもかつおの風味がするが,この「醤油新味鰹」は「かつおオイル」と「かつおみそ」(これは上にのっている)を加えたそうで,一層,かつおの強い風味がする。麺は太めのストレート麺で,コシが強くつるつるした食感である。和風テイストのスープに太麺は合わないような気もするが,まあこれは好みだろう。

トッピングは,薄切りのチャーシュー2枚,煮玉子半分,メンマ,海苔1枚,もやし,ねぎなどごく普通の内容である。

全体として不味くはないし,手間ひまをかけた品かと思われる。ただ,店の指向性と自分の嗜好が合うかどうかで評価が分かれそうである。個人的には,どうせ健康を犠牲にしてラーメンを食べるのなら,もう少しインパクトの強いスープが飲みたいものだ,と思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/21

一鶴

P1000758 富山市中島にある「一鶴」でラーメンを食べた。前回は「煮干しらーめん」を食べて感心しなかったので,今回はシンプルに「つけ麺」(750円)+小肉増し(150円)を注文した。小肉増しでチャーシュー2枚増量である。

あいかわらず,濃厚で熱々の豚骨つけ汁と,コシのある超太麺が良くマッチしている。ただ,普段は「麺少なめ」で注文するのだが,今回はうっかり忘れてしまった。そのため,途中から完食することに気を取られて味が良く分からなくなった。この歳になると,300gの麺はかなりきつい。それに,麺を水でしめた「ひやもり」であるため,後半はつけ汁が冷たくなっていた。

超肉厚のチャーシューは,ボリュームがあるが,少しパサついていて肉の旨さはあまり感じない。あらかじめ加熱してあるが,つけ汁の量が限られているため,熱々の状態にすることができない。このクォリティーのチャーシューなら1枚で充分だろう。

たまにしか行かない店ではあるが,変なマンネリ感を感じてしまった。それだけ富山でも太麺のつけ麺がポピュラーになったということなのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/09

一風堂 富山店

P1000612P1000549_2  富山市二口町にある「一風堂 富山店」でラーメンを食べた。たまに「とんこつ補給」のために行く店である。いちいちアップしていないのだが,ついでなので2品を出しておく。左は「からか麺」。右は「赤丸新味」(ともに780円)。

個性がないと批判されることもあるが,さすがに全国展開で鍛えられた味で,気軽にとんこつ補給をするならこの店,という感じである。昼から通し営業で夜遅くまでやっているところもありがたい。「山頭火」が撤退したような事態は起こらないでほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/04

DOG HOUSE

P1000602 富山市高屋敷にあるラーメン店「DOG HOUSE」でラーメンを食べた。店が富山市内に移転してから3回目の来店である。メニューの「つけめん」(780円)の下に「辛つけめん」(780円)という品が追加されている。気になったのだが,味を記憶するため前回と同じく「つけめん」を注文した。

コシのある麺にマイルドなつけ汁。アルコールで疲れた胃にやさしいつけ麺である。ただ,麺の太さがやや中途半端で,かつ,つけ汁の味がマイルドであるため,もっとパンチのあるつけ麺を食べたくなってくる。ということで,次に来る機会があったら「辛つけめん」を注文してみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

麺家 一鶴

P1000600 富山市中島にある「麺家 一鶴」でラーメンを食べた。ひさしぶりの来店である。今回は賛否両論の「煮干しらーめん」(700円)を食べてみた。

細めでやわらかめの麺である。トッピングは,ぶ厚いチャーシュー,薄い味付けのメンマ,小さな海苔,ねぎである。チャーシューは,脂身が多く,硬い食感である。ただ,豚肉特有の旨さはあまり感じない。

スープは,熱々のときは非常な薄味に感じた。タレを足してもらいたいと思ったほどである。スープがぬるくなるにつれ塩味が出てきたが,それでも薄味という印象は変わらなかった。

煮干しの風味が強く,良くも悪くも「煮干しらーめん」というにふさわしい味である。自分としては,「無理」というほどではないが「苦手」と感じたことは事実である。煮干し特有のえぐみが気になるスープであった。

券売機には,この「煮干しらーめん」と「つけめん」のボタンの上に「店長のおすすめ」との札が貼ってあるが,「煮干しらーめん」の方は万人におすすめという品ではないように思われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/03

はねみ

P1000595 P1000593 富山市下堀にある「はねみ」でラーメンを食べた。閉店した「こいや来屋」の場所で開店した店である。

メニューを見ると至ってシンプル。基本はラーメンとチャーシュー麺しかない。初めての来店なので「ラーメン」(650円)を注文する。土曜日であったためか店内は満席である。狭い店内で喫煙可なので,遠慮なく煙草の臭いがただよってきた。

出てきたラーメンは,メニューと同じで,鶏がらスープのシンプルな一品であった。チャーシューはとろとろの肉で旨かったが,その他のパーツは,この価格を考えると不満が残った。特にフニャフニャの麺は,麺料理としてどうかと思う。スープはあっさりしすぎで,テーブルの上の胡椒(GABAN)をたっぷりふかけて,ようやくラーメンらしい味になった。リンク先のサイトのコメントにもあるが,このスープの味だったら,ネギの緑色の部分は取り除くのが正解だろう。

休日とはいえ客席を満席にする力を持った店なので,自分の好みに合わないだけなのだろうが,この品に650円を支払うのであれば,それにいくばくかの資金を足してもっと個性的なラーメンを食べたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/03/01

8番らーめん

P1000572 「8番らーめん」でラーメンを食べた。ネットで情報を探していたら,8番らーめんの「唐麺」(630円)が「油そば」の味だと書いてあったので,試してみる。

確かに見た目は「油そば」である。しかし,デフォで食べてみるとギトギト感がまったくなく,「油そば」にはほど遠い。麺についても,「野菜らーめん」などと同じ麺でパンチに欠ける。トッピングは,肉味噌が加わっているところが目新しいところか。

テーブルの上にあった具入りラー油を大量に投入したところ,ようやくギトギト感が少し味わえた。いずれにしても,まぎらわしい情報は流さないでほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/29

ちゃるめら ぐっぴー

P1000559_2 富山市上飯野にある「ちゃるめら ぐっぴー」でラーメンを食べた。しばらく休業していたようだが,たまたま通りかかったら営業している雰囲気なので入ってみる。

入り口に券売機がある。「1号(鶏)」,「2号(牛)」と書いたボタンが2つ並んでいる。どちらも700円。非常にシンプルである。今回は2号(牛)をチョイスした。

スープは濁った茶色で,基本は塩味である。麺は加水率が低めのストレート麺。トッピングは,甘味でやわらかく煮た牛肉,焦げめの付いたじゃがいも(スライスしてある),パプリカ,アスパラガスなど。

「スタイリッシュ」というべき外観だが,味の方は。。。スープの濁りが複雑な味わいを出しているのかと思ったが,単なる味の濁りと感じてしまう。今回たまたま運が悪かったのかもしれないが,少しがっかりした。麺もフニャフニャした食感で,麺料理としての楽しみが薄い。

開店当初に客を驚かせたあのラーメンがなつかしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/02/22

はじめ家

P1000520 行くたびに味が劣化している気がするラーメン店で,あまり気乗りしなかったのだが,本当にひさしぶりなので,魚津の裁判所での仕事帰りに寄ってみた。

普通のラーメン(640円を注文する。値段が590円から640円に値上がりしていたが,これはやむを得まい。麺は「硬め」で注文する。ごわごわの食感で,麺料理としての旨さに欠ける。「硬め」で注文したためだろうか,それとも元々の麺が旨くないのだろうか。チャーシューは昔の品に比べ脂身が多かった。

スープはとても塩辛い。コクがなく,ただ塩辛いだけである。このスープを飲むことは無理だし,飲みたいとも思わない。天然素材で作る料理なのでブレがあるのは当然だが,昔に食べたときの印象とあまりに違うので,何が起こっているのか判断に迷うところである。

厨房には,店主,おばさん,怒られ役の店員さんがいる。店主がこの店員さんを罵倒する風景がこの店の名物である。ただ,この日は残念ながら?その風景は見られなかった。その代わりに,おばさんがこの店員さんを「おい」と呼んでぞんざいな口調で命令していた。客の前で最低限の品性を保つこともできないのか。この人なんだろう?と思ってしまう。

それにしても,この???な品を次に食べる機会はいつになるだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/02/01

一風堂 富山店

P1020399_2富山市二口にある「一風堂 富山店」でラーメンを食べた。ひさしぶりである。今回は,ランチメニューの「あかチャーハンセット」(850円)を注文する。赤丸とチャーハンのセットらしい(奧の餃子は別注文)。

チャーハンは油でギトギトである。ラーメン店らしい一品で,若い人ならがしがしいけるのかもしれないが,自分向きでないことは確かだ。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/23

一風堂 富山店

P1000261 富山市二口町にある「一風堂 富山店」でラーメンを食べた。今回は豚骨モノではなく,「博多中華ソバ」(780円)を注文してみた。

透明であっさり目の鶏・醤油だれのスープにいつものストレート極細麺。トッピングはチャーシュー,太メンマ,半玉子,海苔,なるとなど。ごく普通の味の鶏・醤油味のスープと極細麺のコンビは多少ミスマッチ感があるが,これを抜きにすれば普通の醤油ラーメンである。ただ,普通のラーメンであるだけに,780円も払ってこれを注文したいかと問われると「?」となってしまう。足しげくこの店に通っている人が,たまに豚骨以外のラーメンでも,と思ったときに注文する品ということなのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/21

「茶藝庭」(台湾料理店)

P1000275富山市二口町にある「茶藝庭」でラーメンを食べた。台湾料理店で,明け方まで営業している店である。

「台湾タンタン麺」(830円)を注文する。こってりスープの日本風の担々麺ではなく,いわゆる「台湾ラーメン」風のさっぱりした味のスープである。辛さはそれほどでもない。台湾料理で使用する香辛料が入っているためか,独特の味になっている。麺は細めのストレート麺で,トッピングはひき肉,ニラ,もやしなど。日本風の「ラーメン」という範疇からは少しはずれた麺料理だが,はまる人がいそうだ。

女性の店員さんは非常に気さくな方で,本当にひさしぶりに来店したのに顔を覚えていてくれて,「おひさしぶり」などと声をかけてくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/01/04

つけめんらぁめん 麺屋 徳 イオン高岡店

P1010178つけめんらぁめん 麺屋 徳 イオン高岡店」でラーメンを食べた。前回はつけ麺を食べたので,今回は,「濃厚とんこつ醤油」(650円)+チャーシュー3枚(200円)+メンマ(100円)を注文した。

スープは,「濃厚」の名のとおり少しどろどろしている。味は,家系風だが,とげのないなめらかな豚骨味である。麺は,コシのあるストレートの太麺。もっとも,つけ麺のものほど太くはない。トッピングは,脂身の多いチャーシュー,半熟玉子半分,キャベツ・もやし,メンマ,海苔など。麺,スープ,トッピングの旨さがからみ合い,一気に食べた。

ただ,わざわざ遠くから食べに行くのなら,最初の品としては「つけ麺」の方がおすすめである。あの超太麺の食感はなかなか他所では味わえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/30

つけめんらあめん 麺家 徳 イオン高岡店

P1000163 高岡市のイオン高岡店の中にある「麺家 徳 イオン高岡店」でラーメンを食べた。店名に「つけめん」とあるところをみると,つけ麺が一押しの店らしい。そこで,「超濃厚魚介とんこつつけ麺 全部のせ」(860円)を注文した。なお,麺の量は,同じ値段で並盛(350g),大盛(450g),特盛(550g)まで選べる。自分は無理をしないで並盛を注文した。

「一鶴」など他の店でつけ麺を食べるときは麺300gでも多く思えるのだが,この店で食べたときは350gが大した量ではないように感じられた。それだけ旨かったからか。加水率高めのコシのある太麺である。麺の表面に茶色の粒々が見える。全粒粉を使っているのだろう。

つけ汁は,「超濃厚」の名に違わないどろどろの汁である。魚粉,たまねぎのみじん切りなど入っている。コクがあるなめらかな豚骨味で,自分の好みの味であった。メニューを見ると,最後に「スープ割」ができると書いてあるが,どろどろの汁が麺に良くからみ,食べ終わる頃にはスープがなくなっていた。

トッピングは,味のしみこんだ煮玉子,脂身がありしかもしっかりした食感のチャーシュー,太めのメンマ,海苔など。いずれも,このつけめんに合っている。

ショーピングモールにあるチェーン店ということで軽くみていたが,実際に食べてみると相当に旨いつけ麺であった。ラーメン好きの人なら,これを食べるだけのために富山市内からこの店に行っても十分に満足できるのではないかと思われた。

なお,今回は冷盛(冷たい麺)を頼んだら,つけ汁の量が少ないこともあって,途中で汁が冷えてしまった。自分はあつ盛(温かい麺)は好みではないのだが,特にこの寒い季節はあつ盛の方が無難かもしれない(店がモールの出入口に近いため,店内にいても外気の冷たさを感じる)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/29

エアストリーム

P1000111 富山市堀川小泉町にある「エアストリーム」でラーメンを食べた。情報誌を見ていたら,「濃厚魚介味噌ラーメン」(780円)なる品がメニューに加わったと書いてあったので,さっそく食べに行った。

見た目は普通のラーメンとあまり変わりがない。トッピングは,とろとろのチャーシュー,もやし,糸唐辛子など。「濃厚」とあるだけあって,スープはどろどろしている。味噌味ベースのスープに魚粉が入っている。ミスマッチとまでは言わないが,通常の魚介豚骨スープのように魚粉によって味が深まっているとは言いがたい。加水率低めのもちもちの食感の麺も,このスープにはあまり合っていないようだ。ラーメン店では麺だけは完食するのが常なのだが,今回は残してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/23

たつや

P1000077 富山市高内にある「たつや」でラーメンを食べた。前に,「博多ラーメン」というジャンルの中で「一風堂」と「ばたやん」のラーメンを食べ比べたことがあり,今回,「たつや」も試してみることにした。

普通の「ラーメン」(600円)を麺の硬さ「ばりかた」で注文する。スープは少々薄めで物足りない味であったが,これについては,たまたまこの日は運が悪かったのかもしれない。「一風堂」のスープに比べると,ニンニク臭は控えめである。

他の2店,特に「一風堂」と比べて見劣りするのが麺の出来である。「たつや」の麺は「一風堂」のものに比べ芯の硬さが乏しい。そのため,「ばりかた」なのにフニャフニャした食感で,麺を食べる楽しみがあまり感じられなかった。麺料理としてみると,麺の弱さは決定的という気がする。

なお,カウンターの客が替え玉を注文すると,店主?が平ざるですくった麺を直接に客の丼に入れているが,その際,平ざると客の丼が接している(少なくとも,私は眼前で2回これを見たが,2回ともそうであった。)。これは衛生上どうなのか? また,出入口近くにおでんのケースがあり,客がセルフサービスでおでんをとって食べるシステムらしいが,満席だと出入口付近で待ち客が多数(子どもも多い)たむろしているのに,おでんのケースは放置で良いのか? ラーメンの麺以外にも色々と疑問がわいてくる店であった。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/12/17

麺王

P1000049 富山市石金にある「麺王」でラーメンを食べた。石金交差点の角の場所に最近できた店である。交差点の角ということで,店の駐車場への出入りが少し面倒だ。

とりあえず基本の「ラーメン」(650円)を注文した。家系風のスープだが,「はじめ家」のものに比べるとあっさりした味である。麺は太めのストレート麺である。加水率が高でコシがある。トッピングは,ほうれん草ではなく青梗菜,トロトロの豚バラ肉のチャーシュー,ネギ,海苔である。

家系ラーメン特有のガツンとしたパンチは乏しいが,反面,無難な味といえる。店員は10人くらいいるが,無駄に多い感じで,開店して間もないためか会計を間違えたりと対応はおぼつかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/13

からか麺

P1000009 P1000010

「一風堂 富山店」の「からか麺」。普通,三辛,八辛,特,超の五段階の辛さがある。その中で,特以上は辛味の質が変わるらしい。店員さんからは説明がなかったが,ネット情報によると,あの辛さの暴君「ハバネロ」が加わるらしい。

左が「特」,右が「三辛」である。「特」の方には粉状の物質が見える。これがハバネロなのだろうか。食べてみると確かに「特」は辛い。店で出てくる料理だと,メニューに「辛い」と書いてあってもたいした辛さでないことが多い。しかし,この「特」からか麺の辛さの本気度はかなり高い。これが「超」だとどんな辛さになるのだろうか。

※注
後日,「三辛」を再度食べてみたら,「三辛」にも粉状の物質がふりかけられていた。したがって,からか麺の上の粉状の物質=ハバネロ,ということではなようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/04

麺屋 つくし

P1060790 富山市太郎丸本町にある「麺屋 つくし」でラーメンを食べた。ここのところて外は急に寒くなり,「味噌」が美味しい季節になってきた。ということで,今回は「味噌ラーメン」(750円)を注文した。

この店は,いわゆる「すみれ系」の札幌味噌ラーメンを提供する店である。ただ,札幌出張の際に食べてみた現地のラーメンと比べると,パンチが弱い感じだ。スープの味がおとなしすぎる。麺は,中太縮れ麺である。トッピングはチャーシュー,きくらげ,メンマ,ネギ,もやし,糸唐辛子など。厚めの豚バラ肉のチャーシューは脂身が多いが,バラ肉特有のジューシーさに欠ける。

この店の味噌ラーメンは,県内発行の雑誌などでは賞賛されることが多いが,750円という価格を考えると誉められすぎという気がしないでもない。スープにコクがあるわけではなく,さりとてパンチも弱い。麺のコシも足りない。トッピングについては,特にチャーシューが貧相。「札幌味噌ラーメン」ということではなく,「食べ物」として旨いかと問われると,少し疑問である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/12/01

勝屋

P1060767P1060766_2富山市新庄北町にある「勝屋」でラーメンを食べた。店の前の看板には「2nd 一心」と書いてある。富山駅前の「一心」の元従業員の方が店主のようだ。また,「煮干専門」ということで,店のラーメンのスープは,煮干しのダシ味一種類のみである。

今回は「特製中華そば」(880円)を注文した。普通の「中華そば」(680円)との違いは,煮玉子1個とチャーシュー1枚が追加されることである。

店自慢のスープはあっさりした味である。「煮干し」と言われるとクセのある味を想像してしまうのだが,まろやかな魚介系の和だしの味で,特別なクセは感じない。自分としては,好きな味である。麺は,中太の縮れ麺で,モチモチした食感である。全粒粉(小麦の表皮も入った粉)を使用しているらしく,麺の中に茶色の粒々が見える。

トッピングは,ジューシーな豚バラ肉のチャーシュー,太めのメンマ,とろとろの煮玉子(定評ある「一心」の煮玉子だ)など。いずれも満足度の高い品である。

少し分かりにくい場所にあるが,自分としては気に入ったラーメンであるので,頑張っていただきたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/27

バグジー

P1060710富山市二口町にある「バグジー」でラーメン(680円)を食べた。外観は前に食べたときとあまり変わりがない(良く見るとスープの色が薄いが,最初は気づかなかった)。しかし,今回の品はスープの味がとても薄かった。途中で残して帰ろうかと思ったほどの薄さである。もちろん,太めの固ゆで麺にはまったく合わない。単なるこの日限りの不調?,それとも店側が味を変えた? 前者だったら店側の誠実さに疑問が残る(普通は気づくだろう)。後者だったら二度とこの店には行かない。と言っても,これを確かめるためにはもう一度行かなくてはならないのだが,どうしたものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/26

一心

P1060708 富山市桜町にあるラーメン店「一心」でラーメンを食べた。期間限定の「濃厚極太ラーメン」(780円)を注文する。夏に提供していた「つけ麺」を普通のラーメン風にアレンジしたらしい。

ストレートの太麺はツルツルの食感で,普通のラーメンのスタイルにすると麺にスープがからみにくく,ミスマッチ感は否めない。スープはマイルドな味わいで,つけ麺のときの味がそのままである。つけ麺のつけ汁をスープ割にして飲むが,あれはあくまで「おまけ」だから良いのであって,最初からその味ではダメなのではなかろうか。実験的な試みなのだろうが,「試作品」の域を超えていないクォリティーの品ではないかと思われた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/19

一風堂/ばたやん

P1060667 P1060666

富山市二口町にある「一風堂 富山店」と掛尾町にある「ばたやん」。両店は場所的に近いし,共に「博多ラーメン」と銘打ったラーメンを提供する店なので,いつかは比較して結論を出しておかなければならないと思っていたところ,たまたま食べ比べる機会があったので,感想を述べておく(左は一風堂の「白丸元味」(680円,右はばたやんの「ラーメン」(600円))。なお,当然のことながら,比較の対象とした一風堂のラーメンは「白丸元味」である。

1 麺:一風堂>ばたやん

それほど顕著な違いはないが,一風堂の麺の方がコシがあり,しっかりしている感じがした。

2 スープ:一風堂>ばたやん

一風堂のスープは,後述するようにニンニクの味が強く,ばたやんのスープの方がクリーミーな旨さをストレートに感じた。ただ,ばたやんの品は,人工的な旨味がいやみな感じで飲み進む気があまり起きなかった。その点,一風堂のスープの方が自然な味わいであった(添加物の有無については自分には判断できない。あくまでも印象である。)。

3 トッピング:一風堂>ばたやん

トッピングについては大差で一風堂の勝ちである。見た目としては,一風堂の方にばたやんにないもやしが加わっている程度しか違わないが,クォリティは明らかに一風堂の方が高い。特に,ばやたんのチャーシューのお粗末さは致命的だ。ない方が良いレベルである。

4 ニンニク臭:一風堂<ばたやん

この項目についてはシチュエーションにより評価が変わると思われるが,平日のランチ時に食べることを想定すると,ニンニク臭が弱い方がありがたい。この点に関しては,ばたやんの品はほとんどニンニク臭がしないのに対し,一風堂の品はかなりのニンニク臭であり,こちらは食後に人と接する機会がある者にとってはかなり危険な食べ物といえるかもしれない。

以上,比べてみると,ニンニク臭の点を除いては,一風堂の品の方がレベルが高いようだ。もちろん,ばたやんも客が大勢入っている店であり,上で述べたのはあくまで個人的な感想にすぎない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/12

博多 一風堂 富山店

P1060612 富山市二口町にある「博多 一風堂 富山店」でラーメンを食べた。文句を言いつつもそこそこ利用している店である。今回は「白丸元味」(680円)を注文した。食べてみて,やはり前回と同様,スープの味にコクが足りない印象を受けた。また,麺の硬さを「カタ」としたのにあまり硬くない。この店で「バリカタ」を注文すると自分の感覚では「カタ」の麺が出てくるといった具合に,店が作る麺の硬さの段階が自分の感覚と1ランクずれている感じだ。デフォの状態ではあっさりしすぎているので,ニンニクを2個分を投入して食べた。不味いわけではないが,680円の食べ物にしては物足りないことは否めない。

P1060624 こちらは別の日に食べた「一風堂からか麺」(780円)。白丸ベースに辛い肉味噌を投入した品である。辛さを選べるのだが,今回は「普通」とした。スープが熱々のときはピリ辛だったが,冷めるとほとんど辛さを感じなくなる。濃い豚骨スープに辛味噌を入れるとぐちゃぐちゃな味になるケースが多いが,この店のスープはあっさり目なので,辛味噌とうまく調和している。白丸の物足りなさを辛い肉味噌がうまくおぎなっている感じである。

P1060633 こちらも別の日に食べた「一風堂からか麺」であるが,辛さが「普通,3倍,8倍,特,超」の5段階あるうちの,上は「普通」であるのに対し,こちらは「8倍」である。「8倍」にして,ようやく本格的に辛いという感じである。スープは担々麺の味で,これ自体はコクがあってなかなか旨い。ただ,ここまでくるとスープと超細麺のバランスがどうか?という気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/11

香港海老ワンタン麺 萬記

P1060600 P1060601 P1060603 P1060602 P1060598

富山市呉羽町にある「香港海老ワンタン麺 萬記」でラーメンを食べた。「万さく」の隣にある店である。店の一番のウリは「香港海老ワンタン麺」かと思われるが,そのほかにも「もやし肉みそ麺」,「角煮ラーメン」,「担々麺」など何種類かのラーメンがある。また,「唐揚げ」などの単品メニューも用意されている。店のメニュー表を印刷した後に追加された品やセットメニューもあるようで,壁に貼ってある掲示も注意して見る必要がある。

今回は,「香港海老ワンタン麺」(700円)に唐揚げ,ご飯,ザーサイ付きのセット(880円)を注文した。

出てきた丼を見て,まず目につくのは大きなワンタン3個である。中の海老は,プリプリというより,しっかりした食感である。スープは透明で見た目はあっさりだが,飲んでみると香ばしく濃いダシの味がする。「ヒラメの乾物が隠し味」とのことで,普通の醤油ラーメンとは異なる風味がまじっている。麺は博多ラーメンクラスの極細麺で,メニューに「アルデンテ麺」とある。博多ラーメンでいうと「バリカタ」くらいの硬さであった。ワンタン以外のトッピングはネギとニラである。全体として,期待した以上の旨さであった。

ランチセットとして付いてきた唐揚げの方は平凡な品であった。「表面が香ばしく,中はジューシー」というのが唐揚げの一つの理想型だが,今回出てきた品は,表面はパサつき加減で,中の肉はいささかジューシーさに欠けていた。

ワンタン麺の方は,個性的でまた食べてみたい一品である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/07

一風堂 富山店

P1060555_2P1060556_5富山市二口町にある「一風堂 富山店」でラーメンを食べた。今回は,前回行ったときに気になった「博多つけ麺」(850円)を注文した。並盛(麺250g)と大盛(麺300g)が同じ値段ということなので,とりあえず大盛にしておく。

麺は太めでツルツルした食感である。太麺好きの人は気に入るのではないか。トッピングは,白丸などと共通の薄くスライスした豚バラ肉チャーシュー3枚,煮玉子半分,海苔1枚である。つけ汁は熱々で出てくる。豚骨+魚介スープで,熱々のときはマイルドな味に感じたが,冷めるにつれて塩辛さを感じるようになってきた。トッピングとして駄菓子のイカ揚げをくだいたチップが入っていたりして,少しジャンクなおもむきである。

「博多」つけ麺との名称だが,普通に旨い今風のつけ麺であった。「赤丸」,「白丸,「つけ麺」と食べた中ではこれが一番気に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/05

一風堂 富山店

P1060495 富山市二口町にある「一風堂 富山店」でラーメンを食べた。前回は「赤丸新味」を食べて少し失望を感じたので,今回は「白丸元味」(680円)を食べて最終確認をしてみた。

小さなチャーシュー3枚,きくらげ,もやし,ネギのトッピングはそれなりだが,スープが薄味でコクが足りない。麺は極細で,「バリカタ」にしたためか少し粉っぽい。スープも何か粉っぽい食感で変な感じである。自分が待っていたのはこんなモノではなかったはずなのだが,やはり昔を美化しすぎたのであろうか。もちろん,水準には達しているラーメンではあるが,これを食べていると,そもそも濃厚なとんこつスープと極細麺のコンビは麺料理として正しい組合せなのか,という根本的な疑問がわいてきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/03

ひろ竹

P1060430 射水市中太閤山のパスコ内の敷地にある「ひろ竹」でラーメンを食べた。これまでこの店のとんこつラーメンやつけ麺は食べたことがあるのだが,雑誌の半額チケットの企画を見ていたら,「担々麺」(780円)が半額ということなので,注文してみた。

太麺と細麺をチョイスできるので,今回は太麺とした。麺はツルツルした食感のストレート麺である。半額で食べて文句を言うのは申し訳ないのだが,担々麺には合わないような気がする。スープはとても塩辛く,コクが塩味の陰に隠れてしまっている。個人的な感想だが,あまり出来の良い担々麺とは言えない気がする。この店でラーメンを食べるなら,やはりとんこつだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多 一風堂 富山店

P1060434P1060433_2 富山市二口町にある「博多 一風堂 富山店」でラーメンを食べた。私は,公務員を辞めて予備校講師をしながら司法試験の勉強をしていたころからの「一風堂」のファンである。職場の予備校がある高田馬場の店に良く通ったものである。弁護士になり富山に帰ってきてからも東京出張の折に来店したり,金沢の店に行ったこともあった。

そのため,富山店が開店した日にさっそく来店し,「赤丸新味」(780円)と餃子5個(210円)を食べてきた。結論から言うと,ひさしぶりに食べた感想は,「あれっ,この程度の味だったっけ」というものであった。餃子はミニサイズで,皮が薄く具はジューシー。そこそこ旨いが,しょせんはミニ餃子である。特筆するような品ではない。

「赤丸新味」の方は,食べてみて少々がっかりした。濃厚な豚骨の味と,トッピングの香油と辛みその味が喧嘩しあっているような印象で,香油と辛みそが雑味としか感じられない。まあ,もともと「新味」は雑多な味が特徴で,ストレートな豚骨スープの「白丸元味」を注文すればよかっただけなのかもしれないが,開店を楽しみに待っていただけに,少し残念な結果であった。自分の嗜好の変化もあるのだろう。年齢と健康を考えると,そろそろ豚骨は卒業した方が無難なのかもしれない。

店の中は,カウンターが9席,4人掛けのテーブル席が3個,一人席にもなる6人掛け席が2個・4人掛け席が1個と結構広々としている。開店当初の混乱に備えて他店からベテランの店員を集めているようで,厨房の中の店員の動きは非常にてきぱきしている。待ちの行列客のさばき方も的確で,ラーメンの味よりも,これらの店員の所作の方が好印象であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/11/02

古久龍(こくりゅう)

P1070420 富山市堀川町にある「古久龍(こくりゅう)」でラーメンを食べた。雑誌のラーメン半額クーポンを利用して「中華そば」(通常価格(600円)」を注文する。この店の店名は,「九頭龍 本店」が閉店する前は「九頭龍 富山南店」だった。昨年の「九頭龍 本店」の閉店騒ぎがあったとき,閉店当日に同店に来店し,激ぬるスープ・ふやけ麺の「くずりゅう」ならぬ「くず」ラーメンを食わされた身にとっては,「九頭龍」という店名は悪夢である。どのような事情があったか分からないが,店名の改名は吉であろう。

出てきたラーメンのスープは旧九頭龍のくずラーメンとは違って熱々であった。麺は細めで,しっかりとした食感である。スープはあっさり目だがしっかりした醤油味で,それほどコクは感じないが,なぜか飲みほしたくなるような味わいがある。「昔のラーメンって,こんな感じだったよね」と思わずつぶやきたくな品であった。ただ,もう一度食べたいかと問われると,ノスタルジカルな感慨にふけるのは一回で十分という気がしないでもない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧